2011年11月15日 (火)

久しぶりの京都

最後ウォーキングの翌日、3年ぶりの京都探索。

9:20京都駅よりバスにて大原に、1時間弱で到着¥580。さっそく三千院御殿門へ、参道は川が流れ、店が並び法多山のようだ。

01_2

客殿内のすてきな中庭

02_2

そして紅葉が始まった聚碧園(池泉鑑賞式庭園)

03_2

宸殿より有清園(池泉回遊式庭園)

04_2

往生極楽院

05_3

陽の光と紅葉の始まり

06_2

石灯篭と小さなわらべ地蔵

07_3

金色不動尊と観音堂

08_2

苔庭と紅葉そして小川

09_3

再び極楽院横を帰路へ

10_2

バス停に戻り反対側にある寂光院へ、平成12年に放火にあい全焼し建て替えられた本堂

三代住職が建礼門院徳子(平清盛の息女、高倉天皇の皇后、安徳天皇の国母)来年の大河ドラマが楽しみ。

11_2

本堂より汀の池のある庭を

12_2

池脇には千年のひめ小松、火事の後平成16年に枯れてしまった

13_2

茶室「孤雲」

14_2

参道のお店にて昼食、ウメ紫蘇ご飯と湯豆腐、wifeはとろろ定食

15_2

大原の山と民家、のどかでいいなあー。

16_2

街中に戻り、出町柳駅前にて下車し、京大前を通り慈照寺銀閣へ。3年前には屋根葺き替え工事中でしたが今回は久しぶりに全景を見ることができました。

17_2

銀沙灘と銀閣そして東求堂

18_2

展望所より全景

19_2

展望所庭の紅葉、昨日の運転手さんのとおりよーく見ると枯れかかった紅葉だ。

20_2

哲学の道を南に歩く、やっと見つけた紅葉。一部桜の木の根の養生のため通行止め

21_2

川沿いの紅葉

22_2

永観堂は17:30よりのライトアップ準備のためか一時閉館していたため、素通りし南禅寺南大門に

23_2

本堂と紅葉

24_2

地下鉄蹴上駅まで歩き、京都駅へ。ツリーがライトアップされていました。

25_3

11階にて景色を眺めてひつまぶしを食べたがったが、その店が見当たらず寿司屋へ

26_2

それほど高くなくおいしかった。                                     エスカレーターを降りる途中で京都タワーが。

27_2

19:56ひかりにて帰途に。物足りないので、ホームでワインとチーズのセット¥630get。

28_2

22時前には帰宅。長かったような短かった東海道53次ウォーキングを完歩し、来週からは適度に仕事に集中し、春以降の構想を練ろう。



































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

東海道ウォーキング13日目

10月17日(月)前回と同じ電車に乗り、8:30再出発地豊橋(吉田宿)松葉公園交差点を出発。久しぶりの一人旅。

01

すぐに西惣門跡

02

8:43豊川にかかる東海道三大橋のひとつ豊橋(地名由来の橋)

03

9:10にぎやかな魚市場前を通過

04

9:13豊川放水路、今回はいくつかの橋を渡ります

05

JR飯田線踏切、この辺は単線ではないんだ。

06

9:41伊奈の一里塚跡

08_2

9:45お寺横の公園にて小休憩後、10:02伊奈の町並み

09

秋葉山常夜灯。今回は多くの常夜灯が見られた。

10_2

10:50信用金庫脇に御油一里塚跡

11_2

音羽川

12

御油高札場跡。分かりにくい個所に案内表示はありがたい。13

11:00本陣跡

14

11:05天然記念物御油の松並木。脇の公園で小休憩。15

立派なクロマツだが、所々立ち枯れていて倒木注意の看板が。16

11:30赤坂伊藤本陣跡

17

そして脇には高札場跡

18

いたみの激しい連子格子の旅籠大橋屋

19

お休憩所よらまいかん(あいにくの月曜定休日)

20

11:57長沢城跡

22

赤坂宿連子格子の民家(良い雰囲気だがエアコン屋外機がむき出しで残念)

23

再び常夜灯

24

12:41国1脇にある本宿入口

25

国のプロジェクト東海道ルネッサンスでつくられた冠木門26

国1と分かれて本宿へ

27

本宿の常夜灯

28

13:10やっと見つけた本宿駅前の食堂にて味噌ヒレカツを食す

29

食事を終え、13:26本宿一里塚跡

30

宇津野龍碩邸跡と長屋門

31

国1に並行して走る名古屋鉄道鈍行赤電

32

13:50民家

33

本宿松並木

34

藤川宿入口

35

藤川宿には似合わない建物

37

本陣跡地の第二資料館

38

資料館

39

藤川小学校前西棒鼻向かいにある歌川豊広の狂歌

40

秋の気配が脇にある一里塚跡

41

藤川宿西はずれの松並木

42

名古屋鉄道を横断

43

再び松並木

44

15:15乙川を渡る

45

15:23岡崎宿常夜灯。近くの公園で最後の休憩。

46_2

立派なエノキのある大平一里塚

47

再び常夜灯

48

冠木門と岡崎二十七曲がり案内石碑

49

この先二十七曲がりの通り分かり難い道が続き、伝馬通りにはたくさんの石碑が並ぶ。その内の一つ飯盛り女

50

まだまだ続く二十七曲がり

51_2

総門通り岡崎信用金庫資料館。袋井駅前の赤レンガ駿河銀行を彷彿させる。

52

きれいに整備された街中の??川

53

懐かしい銭湯が。まだあるんだ。

54

16:50やっと国1に出て、松葉総門跡

55

10分の間にあっという間に薄暗くなり、岡崎公園前駅にたどり着く。

56

秋の旅は日が短くて、夕方になると侘しい。

本日は約50000歩32㎞。久しぶりに疲れました。豊橋駅で大好きなあんまきを買っていると、両替に手間取り1本電車を乗り過ごしてしまった。自宅着は19:30.














































































































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

博多市内~吉野ヶ里遺跡~大宰府天満宮

10月4日(火)最終日、昨日と同じ6:30に朝風呂を浴び、種類豊富なバイキング朝食。            コーヒーのお持ち帰りができた。1ルームマンションのように通路に洗面所が別にあり、ベッドルームと通路境に引き戸があったり、大浴場があったりと値段の割には良いホテルだった。

28

29_2

8:30チェックアウト後、櫛田神社に。

3031_2

飾り山笠(表:智将疾風関ヶ原)

32

飾り山笠(見返り:神話天之岩戸譚)

33_3

力自慢の力士が持ち上げた石が置かれていた(左:曙、右:千代の富士)

34_3

9:00キャナルシティ。当然開いていない。

35

9:20ふるさと館、開いていないので通過し空海創建の東長寺に向かう。                   今年5月竣工の五重塔

36

珍しい六角堂

37

本堂脇には大仏様安置されていて背面に地獄~天国の通路があった。境は真っ暗闇で本当に通って大丈夫なのかと思わせるしつらいでした。

10:00再度ふるさと館に戻り見学。山笠のVTRを見ると、実際見てみたいものだと感じさせる。

38

40_4

10:40吉野ヶ里遺跡へ向け出発、11:50到着。                           正面玄関

41

園内マップ
65

とりあえずレストランに入り昼食。マツタケと栗釜飯定食を頼むが、マツタケの香りも味もしなかった。1200円程度では無理か?         

42

マスコット

58

かなり広いので、電気自動車にて最も遠い所まで乗っていく。

43

村の周囲は外敵からの防御柵と堀が巡らせてある

44

さらに、逆茂木(乱杭)も

45

北墳丘墓(歴代の王の墓)

46

墳丘について

80

47_2

亡くなった人は甕棺に収められた埋葬された

48

中のムラ:祭り、政治、儀礼などの道具をつくる場所の高床道具倉

49

お馴染み竪穴式住居の養蚕の家(竪穴式は登呂遺跡を参考に復元されたそうだ)

50

メインの北内廓:まつりごとの場所の出入口鳥居(門の上に鳥が居るのが鳥居の原型との説明)

51

主神殿全景

52

主神殿内部

53

物見櫓

54

北内廓全景

55

倉と市:倉庫群、市も開かれていた

56_2

南内廓:王や支配者層が住んでいた場所

57

自販機もそれなりに

59

太宰府天満宮に向かう、40分程で15:25到着。                              参道

60

本殿(右に飛び梅、左に橘)

61

麒麟(中国の瑞獣、思想上の動物。聖人が現れて王道が行われるときに出現する)と鷽(うそ)像(1/71年中の嘘を天神様の誠心と取替えていただく鷽替神事縁の鳥)

62

御神牛

63

17:20福岡空港到着。ソフトバンク優勝の垂れ幕や看板がほとんど見当たらなかった。64_2

第1ターミナルという最も離れた所より18:35発FDAにて帰途に、17000歩。          20時前に富士山静岡空港に到着し、45分で帰宅。近くて便利だが、他の便の時間が良くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本市内~柳川~博多

10月3日(月)6:30に朝風呂を浴び、朝食後。ホテル周囲を散歩。

庭側よりホテル全景。庭には電気柵があり入れなかった。

15_3

脇にはコテッジがあった

14_2

紅葉が始まっていた

12_3

9時前にホテルを出発し、熊本市内に向かう。

10時前に25年ぶりに水前寺公園に入るが、過去の記憶は全くなかった。

16

熊本城に向かう途中、路面電車とすれ違う

17

11時過ぎに熊本城到着。すごーい石垣。

71

まずは宇土櫓を見学。木造で風情があったが、なーんちゃって耐震補強がされていた。

18_2

その補強ブレースの様子

70_4

そして、天守閣に。こちらは鉄筋コンクリート造です。EVがあったと思ったが無く、階段を登る。

19_3

本丸御殿にも立ち寄り、60帖の大広間

20_2

きらびやかな昭君之間(藩主の居間兼対面所)

21_2

無料シャトルバスにて伊勢のおかげ横丁を彷彿させる、桜の馬場城彩苑に

22_3

昼食にちらし寿司御前を

23_2

熊本を後に、柳川市に向かう。1時間半程で到着するが、お目当ての船会社が見当たらず

違う船会社に乗る(プリントアウトしていった1割割引は役にたたず)

24_2

のんびりと約1時間のお堀巡りを楽しむ

25_2

出発地まで送ってもらい、博多へ。予定より90分程遅く、ドーミーイン博多祇園に。残った1台の駐車場をGET。

すぐに、夕食に行く。友人に紹介された屋台KENZOUを訪ねるが、満席で入れず別の店に入る。

もつ鍋

26

水炊き

27

いも焼酎と共に頂きました。17000歩歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇山

10月2日(日)6:30自宅を出発し、空港バスにてセントレアに向かう。

10:05発ANAにて熊本へ、本当は富士山静岡空港より行きたかったが7月末に熊本行きが撤退してしまったためやむを得ずセントレア経由で。

01


11:30頃15年ぶりに熊本空港に到着。少し遅れて到着の子供たちと合流し、昼食後プリウスにて阿蘇に向かう。ミルクロードは車も少なく信号もないため坂道なのにかなりのスピードでみんな走っていた。

13:40頃大観峰駐車場に着き、頂上海抜936mに向かう。

阿蘇五岳(根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳)を望む。標高が高いため寒かった。

02

15:15米塚

03

大草原の草千里ヶ浜に降り立ち、烏帽子岳を見上げる。駐車場料金\410は高い。

05


草千里より中岳の噴煙が見える

04


中岳火口を見学したかったが、有料道路入口にてガス発生のため立ち入り禁止とのことでUターン。せっかく来たのに残念!

早々に宿泊ホテル南阿蘇グリーンピアに到着。

13


のんびりくつろぎ、南より阿蘇五岳を振り返り露天風呂につかった後、夕食に

1ランク上のコース料理に、生ビールとワインを頂く

熊本名産の馬刺し

07_3

カルパッチョ

09_2

白身魚とズワイ蟹とチーズのパイ包み

10_2

黒毛和牛の溶岩焼き

11_3

たいへんおいしかったです。部屋に戻り、直に熟睡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

東海道ウォーキング11日目

7月末退職と共に前半の部を終え、暑さのためしばらく休憩していましたが、お彼岸を過ぎやっと涼しくなってきた9月25日(日)再スタート!

今日は、来月末フルマラソンに挑戦する友人が同行。7時15分袋井市役所前を出発。

これより袋井宿の標識(江戸側)

01

そして東海道どまん中茶屋通過、もう開けて準備をしていました。

02

袋井宿東本陣跡

03
これより袋井宿標識(京都側)と秋葉灯篭のあるポケットパーク

04

澤野医院記念館(袋井市指定文化財)

05

木原一里塚

06

木原は武田信玄が徳川家康を破った三方原の戦いの前哨戦木原畷の戦いの地

07

7:55磐田市に入る

08

8:05太田川を渡る

09

渡りきると三ヶ野の松並木

10

磐田原を上がる途中に先日の台風15号による爪痕が。このほかあちこちで、瓦がずれたり落下したり、トタン屋根や壁が剥がれ飛んだり、カーポート屋根が破損したりした光景を各所でみられた。あらためてすごい台風だったのだと実感した。

11
遠州鈴ヶ森刑場跡(東京大森にも同名刑場跡がありました、鈴ヶ森って何?)

12

9:05見付宿に入る

13

現在の見付商店街

14
日本最古の洋風木造建築校舎の旧見付学校

15
見付宿脇本陣三河屋門

16

宿の突き当りに、これより姫街道三州御油宿までの道標。お姫様は浜名湖今切口渡しを嫌がり、三ケ日経由で浜名湖を迂回して行ったそうです。

17

来週行われる府八幡宮祭典(1週間前遠州浜まで禊にバスで出かけるとのこと)

18

中泉を過ぎ、宮之一色の松並木がちらほら

19

友人の推薦するケーキ屋さんグリムに入り、とろけるクッキーを購入\600 帰宅して食べたが本当にとろけてしまう異様な触感。

31
珍しい木造の常夜灯

20

長森立場

21

11:07天竜川に

22

11:20渡り切り小休憩

23

立派な金原明善生家。向かいの記念館は朽ち果てていた。

24

12:00天竜川駅東に再び松並木が少し、この先浜松アリーナ付近ガストにて昼食

25

13:50浜松駅東アクトタワー北側を通過

26

ザザシティ交差点、川口本陣跡

27_3

コンビニにて休憩後、15:02可美村一里塚跡

28_2

舞阪まで10㎞の松並木

29_3

16:51本日の目標地舞阪駅到着。約5万歩36㎞、久しぶりに歩きました。

30_2

7時間半歩いたのに、電車では30分の帰途。少しむなしい。

浜松は見るべきものもなく、標識等の整備もされていなくてつまらない街でした。入口の中野町はパンフレットが整備されていたので紹介します。

1

2_2


































































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

東海道53次ウォーキング10日目

7月29日(金)ウォーキング10日目。
始発の電車に乗って金谷駅東高架下よりスタート 6:16

01

すぐに石畳入口石畳茶屋に、当然まだ開いていません

02

急な金谷坂石畳を登る

03

6:40 次は下り口入口に、東屋にてしばし流れ出る汗を拭く休憩タイム

04

6:47 登りの金谷側に比べて、下りの菊川側は草だらけでクモの巣も顔にまとわりつく

05

7:01 坂を降り切ると間の宿菊川。民家の壁面に案内が!

06

第二の坂を朝陽を背中より浴び、へとへとになって登り切ると久延寺 7:20

07

向かいには、接待茶屋跡。景色も良い。

08

隣接して、二十数年前に自分が設計した小夜の中山ログWC。ガードフェンスで塞がれて使われていないようだ。

09

筋向いに、子育て飴を売っている扇屋

10

7:27 小夜の中山一里塚にて2回目の休憩

11

下り坂には句碑がたくさんあった。その中の一つ芭蕉。

13

7:50 東海道400年祭の際に作られた「涼み松広場」石製ベンチとテーブルがあるが適当に置かれていてとても使える状況ではない

12

7:55 夜泣き石跡

14

8:05 日坂宿に入る

15

8:10 問屋場跡・脇本陣跡が続き旅籠「池田屋」

16

そして、旅籠「川坂屋」

17

その後に高札場、並んで下木戸跡が続く

18

8:30掛川道の駅に立ち寄り、朝定食(アジの干物・厚焼き卵1切・サラダ少々・みそ汁・漬物)500円の遅い朝ごはん。予定より30分遅れ。

20

9:13 国1を横断し、塩井神社を過ぎ八坂の街並みに入る。以前1度来た某設計事務所の前を通過

44

9:19 八坂の街のはずれに伊達方一里塚跡

21

国1に戻り西進、懐かしい雇用促進住宅逆川宿舎も見えた。再び国1を離れる箇所に10:09 葛川一里塚跡

22

10:17 掛川市街中の分かりにくい場所に立派な常夜灯

23

10:20 森と菊川を結ぶ「塩の道」

24

そして、新町の七曲り

25

10:30 やっと掛川城天守閣が見えた

26

こだわりっぱにて、かき氷(イチゴミルク\350)を食す

27

すっかりすたれてしまった連雀の商店街

28

11:23 天浜線西掛川駅脇のガードをくぐり、大池へ

29

11:32 大池一里塚跡

30

大池?のわずかに残った松並木

31

12:07 岡津~原川の松並木

33

12:18 やっと袋井市に入る

34

12:24 土塁を残した松並木

35

12:30 富士浅間宮入口の赤鳥居

36

12:41 久津部一里塚跡

37

東海道沿いどまん中にある袋井市立東小学校

38

12:53 東に行くと、松が枯れてしまって植込スペースのみが残り花が植えられている。なぜ松を植えないんだろう。

39

しかし、再び立派な松並木が現れる

40

新屋の秋葉山常夜灯

41

13:09 袋井市役所に到着

43

26㎞久しぶりに長い距離を歩きました。これで東海道の東半分を制覇しました。この前半戦の旅と共に25年間勤めた会社とも終わりです。西半分への再スタートは、9月終わりか10月初旬の残暑が納まった頃を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

東海道53次ウォーキング9日目

7月22日(金)6日目の有休を取り、暑さを予想し早朝5時に自宅を車で出発。始発時間が6時近いため直接藤枝に向かう。5:50駅北市営駐車場に車を入れ国1青木交差点に。
6:00南西に向け再スタートする。
01
10分程で、最初の松並木が見えてくる。今日は何度も松並木を見られる。
02
さらに10分後に2回目の松並木
03
6:22千貫堤
04
6:33喜久酔青島酒造前通過
05
6:37再び松並木。何度目かな?
06
6:42上青島の一里塚跡、日本橋より51里
07
やがて国1に合流し、6:50島田市に入る。藤枝は岡部町と合併したため長かった。
08
7:05阿知ヶ谷で再び国1と分かれる。この交差点のセブンレブンにておにぎりとサンドウィッチをゲット。
09
島田工業高校を右手に見るとまたまた国1に合流、道悦島に7:13
10
7:19国1と分かれ島田市旧道へ
11
島田宿に入る
12
過去2~3度訪れた蕎麦処細島屋の前を通過
13
江戸時代の島田宿案内板
14
排水口蓋に帯祭のイラストが
15
島田商店街通り
16
7:35島田宿一里塚址
17
刀匠島田顕彰碑、刀鍛冶の由来が書かれている
18
問屋場跡が並んでいる
20
7:50南北に連なる大きな歩道を見つけ休憩
21
8:00帯祭で有名な大井神社前を通過
22
8:19島田市博物館分館に到着するがまだ開館していません。
23
9番宿跡他は開いていました。薄暗い中人形がありやや不気味。
24
宿の前には流水が、こういう雰囲気いいなあ!数年前に行った郡上八幡を思い起こす。
25
橋本屋跡の川越茶屋
26
川越え業務を行っていた川会所
27
島田大堤
28
大井川川越遺跡のイラスト
33
8:40 1.1㎞の「越すに越されぬ」大井川を渡る。台風の影響かまだ濁流が残る。昔は何日も足止めをさせられたんだろうなあ。
30
大井川橋を振り返る
31
8:50金谷宿に入り、この看板の後ろの東屋にて休憩。
32
9:05大井川鉄道線路を横断、残念ながら電車も機関車も見られませんでした。
34
金谷中町。三つの小さな川が合流。珍しい光景。
35
山田屋本陣(3番本陣)跡、佐塚屋本陣跡そしてこの柏谷本陣跡が並ぶ。
36
金谷宿案内絵図
37
9:23金谷宿一里塚跡
38
ここで、本日の短い工程(13㎞2万歩)は終了。すぐそばの金谷駅より藤枝駅に車を取りに戻り帰途へ。昼前には自宅に到着。
天気予報は暑くなるだったが、曇りで汗は少しは出たが、拭くほどではなかった。相変わらず当てにならない。こんなことなら掛川まで足を伸ばせばよかった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

東海道53次ウォーキング8日目

7月8日(金)4日目の有休をとり、静岡駅に向かう。
8:45江川町交差点東の西郷隆盛・山岡鉄舟会見跡の碑よりスタート
江戸城無血開城の実質的交渉が行われたそうだ。
1
商店街を歩いて行くと、駿府城追手門入口の札の辻
2
新町通りを西に向かうと、安倍川手前にあべかわ餅で有名な石部屋
10時前で準備中でした、残念からみ餅が食べたかった。
3
そして、安倍川を渡る9:24
4
丸子宿の松並木跡
5
10:00公園にて休憩、前回同様かなり暑く体にこたえる。
気を取り直して、丸子宿を歩くと江戸方見付跡
6
丸子宿脇本陣跡
7
そして本陣跡が続く
8
10:30とろろ汁で有名な丁子屋。お昼にはまだ早い。
9
筋向いに京・大阪方見付跡
10
丸子川沿いをしばらく歩く
11
この少し先で、道を大きく間違える。道なりに歩いていたら、どこかの爺父が「この先は行き止まりだよ」と教えてくれたが、まさか一本道ではあるまい横道があるだろうと思い歩を進める。すると山道に入るが行き止まりの表示はないので、何とかなると歩を進めた。
登り坂がきつく途中で休憩。丸子宿を見下す。
12
10分程歩くと小さな集落が、さらに行くと行き止まりの表示が。ガ~~ン!
1時間強のロスをし、国1まで戻る。道なりではなく、国1沿いに行かなければならない場所が分かった。疲れがどっと出る。もう少し行けば、静岡出張帰り時に休憩している道の駅があることは分かっていたので、そこまで頑張ろうと緩やかな登り坂を歩く。すぐに安っぽいドライブインがあったので思わず飛び込み昼食12:05.
黒はんぺんフライ定食¥800を頂く、安っぽい割に値段が高い。
13
食後に自販機でコーヒーも飲み、ゆっくり体を休め12:40再出発。
脇には名残りの松があった。
14
13時前に、道の駅に到着ドライブインで体が冷え切らなかったのでかき氷を食べ、別室の休憩ルームに畳の小上がりがあったので30分程昼寝をする。さすがにこの時期真昼間に歩くのはしんどい。
再々出発し、宇津ノ谷手前。
15
宇津ノ谷入口
16
宇津ノ谷街並み。よい雰囲気。
17
そして、難所であった宇津ノ谷峠山越え道に入る
18
宇津ノ谷集落を振り返る
19
峠の地蔵堂跡の石垣。体がへとへと、こんな所で倒れても誰も見つけてくれないよな。早く越えようと頑張る。
21
頂上を過ぎ下り途中に、髭題目碑が?
22
やっと降り切る。
23
15時前国1を潜る手前の日陰にて休憩、車が2台止まっていてドライバーはお昼寝。
10分後、気を奮い立たせて歩くがわずか10分程で峠西側の道の駅があり、アイスを買い休憩室にて休む。暑さ+1時間のロスで気持ちはくしゅん。島田駅が目標だったが、その手前の六合駅までは行きたいな?無理かな?
15:38岡部橋を渡る。
24
15:39岡部宿大旅籠柏谷歴史資料館前通過、とても見学する気力はない。
25
15:43小野小町姿見の橋。晩年、東国へ下る途中夕日に映える西山の景色の美しさに見とれていたが、ふと目を橋の下の水面に移すと長旅で疲れ果てた自分の姿に老いを嘆き悲しんだそうだ。
28
16時前旧岡部町役場を見つけ、涼みに入る。支所のためか来客もなく窓口職員は暇そうに無駄話をしていた。
16:11岡部の松並木
29
16:20是より西巌村領標識
30
16:30横内(旧東巌村)の松並木
31
16:50鬼島の建場
32
17:17藤枝宿に入る
33
17:25にて最後の休憩。とても六合は無理、何とか藤枝駅まで歩こう。
17:37長楽寺前
34
17:52夕日の瀬戸川を渡る
35
17:54志太一里塚跡
36
ひたすら駅に向かうが、なかなかたどり着かない。藤沢駅手前を思い出す。
18:18やっと駅に到着。汗をぬぐって18:31発の電車で帰途に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

東海道53次ウォーク7日目

7月2日(土)東海道ウォーキング7日目の旅に出かけました。
天気予報は曇りでにわか雨があるでしたが、日が差し暑い1日となりました。前回もそうでしたが全く天気予報は当てにならない。
9時少し前に由比駅に到着し、向うに見える薩埵峠に向け出発。
Photo_2
寺尾集落には、名主の館小池邸(拝観は9:30~)向かいにはあかりの博物館がある。
Photo_3
間の宿本陣跡
Photo_4
そして、倉沢集落を抜けるといよいよ急な登り坂へ。途上で、清水方面。
Photo_5
夏ミカンの実が道路に落ち、車が引き実が潰れ異様な臭気漂う中
9:42薩埵峠到着
Photo_6
休憩所にて、富士山を振り返るがガスの中、1時間弱しか歩いていないのにもう汗だく。
Photo_7
先の展望台より再度富士山を振り返るが、富士は見えず。
Photo_8
逆の清水方面駿河湾を望む
Photo_9
ミカン畑の中の道を下る
Photo_10
途中、えっ!この道で良いのと思わせるような鬱蒼と樹木に囲われぬかるんだ道を下ると
墓地の中に出て少し行くと常夜灯(いろいろな個所で見られる)
Photo_11
10:37興津川を渡る。アユ釣り人がちらほら見られた。
Photo_12
興津駅前の道を海側に逸れ公園を見つけ2回目の休憩11:00。
1号線に戻るとすぐに整備された興津公園があった。ここで休めばよかった。
Photo_13
11:23立派な城郭のような清見寺(家康ゆかりの寺)通過
Photo_14
11:26坐漁荘跡(西園寺記念公園)無料公開されていたが先を急ぐ
Photo_15
小田原依頼?久しぶりに見る日本橋からの距離が表示された国1看板
Photo_16
庵原川手前の名残り1本松
Photo_17
12:05国1と分かれ旧道への分かれ道(秀忠の命で植えられた細いの松原も今は名ばかり)
Photo_18
旧道に点々と残る古民家
Photo_19
12:30新華楼にて半チャーハン餃子セットと思わずビールを頂き、少し涼んで鋭気を取り戻し再出発する13:00。
清水銀座商店街を抜け、巴川にかかる稚児橋に13:13。渡り初めの時に河童の稚児が現れたそうで、4隅に河童像がある。
Photo_20
直に、「是より志三づ道」の追分道標と追分羊羹の老舗。羊羹を買うつもりでしたが、暑さと酔いで意識朦朧の中通過してしまった。
Photo_21
森の石松を殺した都田吉兵衛の供養塔
Photo_22
14時前狐ヶ崎駅前交差点ベンチにて休憩。
14:07銀行前の草薙一里塚。
Photo_23
15時前草薙運動場内にて休憩。
15:12東静岡駅東にある天然スレート屋根が落下して問題となっている磯崎新設計のグランシップ横を通過。奈良駅にも同じような建物がある。そちらは天然でないため落下はないとか。
Photo_24
15:30長沼駅西にて静岡鉄道の電車。
Photo_25
15:44再び東海道線・新幹線を越えて曲金に。この先すぐに再度線路を潜り春日町へ。
Photo_26
16時日吉駅近くの公園にて最後の休憩。近くのセブイレブンにて棒アイスを買う。
16:18久能山東照宮道標識通過。
Photo_27
16:28下伝馬本陣・脇本陣跡
Photo_28
こと後雑踏の中、江川町交差点より南に向かい静岡駅に、16:44浜松行きにて帰途に。

予定は、先の安倍川まででしたが明日朝堤防の草刈があるのと、この暑さのためゆっくり歩いたため静岡着が1時間遅れたため今日はこれまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)