2014年6月 2日 (月)

東海道57次サイクリング

5月29日(木)中山道復路サイクリング先立ち、東海道57次を1年2か月ぶりに走り出す。
新大阪よりスタート地点まで約6㎞、信号機が多く1時間かかりました。
11:05高麗橋スタート
Nj101

大阪城三の丸石垣を横目に
Nj102

大阪城も遠目に
Nj103

すぐに京橋駅
Nj104

1時間走り前回の休憩地:日吉公園にて愛妻弁当を頂く12:05
Nj105

守口駅付近の擁壁に埋め込まれた標識
Nj106

文禄堤 ゴミがじゃま
Nj107

難宗寺角の標識
Nj108

12:48淀川堤防に出てきました
Nj109

きれいな吊り橋、ウォーキングの時はなかなか到着できなかったがさすがにチャリは早い。
Nj110

枚方宿 前回はかなり感動したが今回はさほどでもなかった
13:40近くの公園にて2回目の休憩。
Nj111

前回泊まったホテルグランブルー
Nj112

枚方宿東見付
Nj113

京阪電車踏切
Nj114

旧京街道石標
Nj115

橋本町並み
Nj116

木津川と並んだ淀川横断
Nj117Nj118

渡り切り堤防を降りると今では珍しい苗代
3回目の休憩15:05
Nj119

大坂淀屋の高灯篭
Nj120

淀城址横の式内与杼神社
Nj121

3社並んだお稲荷さん
Nj122

東高瀬川歩道橋
Nj123

船のある水辺公園
Nj124

16:13伏見寺田屋15:40で閉館、早すぎる
Nj125

土佐藩邸跡
Nj126

名神高速を併進する長い坂道、歩くのもたいへんだった。フーフー言いながらやっとの思い登り切る。
Nj127

一気に小野駅まで下り、1ヶ月前に歩いた奈良街道を北進し大宅一里塚
Nj128

追分までの緩く長い坂も上り、53次との分岐点17:40
Nj129

三度長ーい坂を登り、大坂関跡で最後の休憩17:58
Nj130

18時過ぎに、ブルーレーク大津ホテル到着、やれやれ。久しぶりの63.7㌔。
Nj131

周囲にあまり食べる所がなく、近くの居酒屋「庄や」にて夕食を早々に済ませ、ホテルに戻りシャワーを浴び眠りにつく。0:30頃隣室でガタガタゴトゴトうるさく目を覚ますが、すぐに眠りに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

東海道57次ラスト

中山道完歩後、残された東海道57次へ。山科駅を経由し、地下鉄を乗り継ぎ13か月ぶりに小野駅15:10出発。来た道西を振り返る。
T5701

東に向かって歩き、奈良街道を北に左折する
T5702

名神高速を潜る
T5703

すると大宅一里塚 57次では珍しい
T5704

宝迎寺
T5705

大塚岩屋神社皇塚 中に入る所がないが気になり無理やり入るが説明なし
T5706

新幹線を潜る
T5707

国1を潜る手前に大津道道標
T5708

音羽橋
T5709

再び国1を地下道にて横断
T5710

大きな各和会音羽病院で迷う、
T5711

国1から名神への進入路 コンクリートの鉄筋錆による爆裂が何か所も見られた。超音波探傷試験もやっているようだが、大丈夫なのか?
T5712

きれいな桜?
T5713

16:17 53次との追分に到着。これで東海道57次も繋がりました。
T5714

京阪追分駅より山科駅経由京都駅より帰途へ。非常に疲れて、京都駅を散策する気にもなれず、エクスプレス予約しひかりに乗車。19時帰宅。
T5715

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

東海道57次京街道№2

お世話になったホテルグランブルー、ロビーのないホテルでチケット売り場のような受付があるのみ、口コミでラブホテルのようだとありましたがその通り、外観も。
Ky30

内装も名の通りブルーを基調としたホテルでした。窓もあるけど隣室とのわずかな空間からほとんど明かるさはない。部屋数も少ないため、階段は一つで当然スプリンクラーもなし。最上階の5階だったため、火事でもおきたら助からないと思いつつぐっすり眠れました。
4,500円/泊だから文句は言えないか?

昨晩暗くてよく分からなかった枚方宿まで京阪電車で1駅戻り、枚方公園7:51スタート。
Ky31

風情のある明治時代の表屋造り町家と蔵(問屋役人)、出格子と虫籠窓が特徴。
Ky32

枚方浜(問屋浜)跡の桜
Ky33

町屋とお休み処
Ky35Ky36

駅西側岡本町公園にある枚方宿案内
Ky37

問屋役人小野家
Ky00

枚方宿東見付
Ky000

9:00牧野駅南にある阪今池公園の桜
Ky38

大阪市水道局楠葉取水場の桜
Ky39

10:00再び淀川
Ky40

橋本駅西側旧町並み
Ky41

道幅も狭い
Ky42

旧京阪国道木津川沿いの桜
Ky43

淀美豆町の町屋
Ky44

11:25木津淀緑地の桜
Ky45Ky46

橋より
Ky47

11:55徳川秀忠による淀城址にて昼食
Ky48

隣接する式内与杼神社の桜
Ky49

13:01淀川上流宇治川に出る
Ky50

京大防災研究所東側の東高瀬川に架かる橋を渡る
Ky51

宇治川~淀川下流を望む、下流より42㌔登って来ました。
Ky52

国土交通省淀川工事事務所伏見出張所の桜、しだれ桜も
Ky53Ky54

船のある公園
Ky55

川沿い
Ky56Ky57

13:45三栖公園の桜
Ky58

伏見長州藩邸跡
Ky59

寺田屋前の川、京橋より
Ky60

伏見口の戦い激戦地跡
Ky61

旅籠寺田屋
Ky64

坂本龍馬像と記念碑
Ky63

魚屋通り町屋

Ky65

丹波橋通り町屋
Ky66

黒染町運河
Ky67_2

天理教山国大教会の桜
Ky68

名神高速沿いの単調な道を東進し、観修寺公会堂横の桜
Ky69

15:42山科川の桜
Ky70

この後まだ1時間近くかかりそうだが、高速バスに間に合わなくなるので、近くの地下鉄小野駅にて断念し、京阪三条経由で藤森駅に向かう。
20分前に京都深草バス停に到着。やや遅れてきたバスに乗り帰路に着く。
29.9㌔の2日目でした。
追分まで残り4.4㌔はいつになるか分からないが、次回の楽しみに取っておきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今年初ウォーキング(東海道57次№1)

3月28~29日今年初めてのウォーキングに出かけた。
1週間前より休日の散歩コースを5㌔×2回に延ばし準備万端。
昨年の続き中山道ではまだ寒いことを予想し、気になっていた東海道57次京街道を歩くことに。移動は遠鉄イーライナーを利用、浜松西ICより7:25乗車し、予定通り大阪駅に11:35着。
地下鉄を乗り継いで、北浜駅を下車し、出発点の高麗橋に向かう。

12:25小雨の降る中、高麗橋より追分に向かう。大阪城天守閣にある擬宝珠はこの橋のもの。
Ky01

大阪城三の丸北端の石垣
Ky02

京橋川魚市場跡
Ky03

大阪城を右手に見る
Ky04

13:00愛妻弁当を食す場所探しながら歩き、屋根のある行者堂ベンチを見つけお世話になる。
Ky05

京橋駅横の京街道初標識
Ky06

京街道の案内看板
Ky07

所々に京街道の石標識
Ky08Ky09

さらに石標識が続く        細い旧道も残っている
Ky10Ky11

14:19古市橋
Ky12

再び石標識と案内
Ky13Ky14

ちょっと変わったうだつ
Ky16

京街道商店街アーケード
Ky17

木犀の陣屋跡
Ky18

15:05淀川工科高校南の日吉公園の桜、曇天のため冴えない
Ky19

文禄堤(豊臣秀吉が造らせた淀川左岸の堤防)
Ky20

守口宿本陣跡看板、守口宿は何もない
Ky21

難宗寺角、石標識(守口街道)
Ky22

15:34守口一里塚跡
Ky23

八雲樋跡
Ky24

八雲北公園桜
Ky25

淀川に出て、京阪国道・大阪モノレールを潜る
Ky26

17:50淀川を離れ、出口の民家
Ky27

そして高床の蔵、床面が地面より1.5m位上がっている。このような蔵が随所に残っている。
Ky28

この後、枚方宿に入るが薄暗くなりホテル到着は19時少し前。
本日23.2㌔の初日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

中山道ウォーキング8日目

ウォーキング3日目。目が覚めると膝が笑っている。和田峠越え大丈夫かやや不安の中、朝食を済ませ、タクシーを呼び四泊バス停出発点へ向かう。7:46スタート。歩道のない国道沿いは怖い。

N0801

きれいな依田川沿いを登る。
N0802

和田宿へと向かう。

N0803

上深山口バス停は、茅葺屋根。

N0804

ミミズの碑。蚯蚓(ミミズ)のはらわたを出し、干物をつくり解熱剤としていた。
N0805

立派な旧家
N0806

若宮八幡神社
N0807

一里塚跡、もうすぐ和田宿。
N0808

8:49和田宿に入る。小学校前のバス停にて1回目の休憩。
N0809

洒落た木造の和田小学校。
N0810

隣接して中学校。右手には防火壁が見られる。
N0811

八幡神社
N0812

資料館河内屋
N0813

旅籠大黒屋
N0814

本陣跡
N0815

高札場手前の休憩所でトイレ休憩。
N0816

高札場跡。
N0817

ええ
N0818

依田川沿いを和田峠へ。
N0819

しばらく国道歩道を歩く、途中で2回目の休憩をし、直に脇道への誘導標識10:15。
N0820

鬱蒼とした林を歩き、唐沢一里塚。
N0821

再び国道に合流するが、鬱蒼とした旧道へ入る。10:54三十三体観音脇にて3回目の休憩。
N0822

不安な山道を抜けると、11:14接待茶屋跡の休憩所。4回目の休憩。登りはキツイ
N0823

またまた山道を行く、ラジオの入りも悪く一層不安。
N0824

小さな滝があったり景色は良い。
N0825

広原一里塚。
N0826

和田峠遺跡群
N0827

11:55道路に出ると東餅屋。入ってみると、力餅がおいしそう。ざるそばと共に注文。力餅はおいしかったのでお土産も購入。
N0828

昼食を終え、再スタート。道路はUターンを繰り返し登るが、旧道はほぼ最短距離を登る。
N0829

道路の横断を繰り返し、峠頂上を目指す。
N0830

12:46やっと古峠に到着し、6回目の休憩。
N0831

予定より30分以上遅れて、下諏訪に向けて下山開始。
N0832

道らしき道を進む。
N0833

紅葉が1本きれい!
N0834

石小屋跡
N0835

ススキの茂った足元が見えない道
N0836

13:24やっと開けた西餅屋茶屋跡、ここからいったん国道に出て再び旧道へ。
N0837

旧道の一里塚
N0838

谷に面した険しい道。奥に写っている老夫婦とすれ違う時、谷側は危ないと思いそちらに避けると、おじいちゃんがよろけて山側に座り込む。大丈夫と引き上げたが、老夫婦だけでよく来たものだ。
N0839

石がごろごろしている場所もあった。採石できる。
N0840

13:52国道に出て、しばらく歩道なき道を歩く。交通量は少ないがトラックが多く怖かった。
N0841

14:08幕末水戸藩士の浪人塚
N0842

14:20ペット霊園東屋にて7回目の休憩
N0843

国道をひたすら降り、樋橋茶屋本陣跡。
N0844

14:39やっと家々が見えてきました。
N0845

14:58どこかで見た景色だと思ったら、木落とし坂。前を一人歩いている人を見かける。
N0846

大社諏訪神社前通過
N0847

すると、諏訪湖が目の前に広がりました。右に行ってしまうと違うのに、先程より前を歩いている人は右手に下がって行く。私は左手にまっすぐ進む。
N0848

信玄ゆかりの矢除石がある慈雲寺前通過。階段を上がる気力はもうない。
N0850

中山道55里塚、220㌔歩いてきた。
N0851

漆喰と連子格子の伏見屋邸
N0852

工場脇のポケットパークにて最後の休憩をしていると、先程道を間違えた人が通り過ぎる。挨拶ぐらいすればいいの・・・。
N0853

御作社通過、上り口には何やら温泉らしきものが、見ていると通り過ぎた人が「それ温泉だよ」と教えてくれました。
N0854

その後、温泉宿や銭湯が立ち並ぶ。
N0855

今井邦子文学館
N0856

連子格子だらけの「こまつや」
N0857

つる屋跡
N0858

下諏訪宿本陣 岩波家
N0859

御宿まるや
N0860

15:53諏訪大社
N0861

諏訪大社前参道
N0862

おんばしらのモニュメント?
N0863

16:05下諏訪駅到着。
N0864

駅前には、おんばしら
N0865

最終日 47000歩33.5㎞。
30分遅れで、予定していた甲府経由の帰途は無理となり、16:20発塩尻~名古屋経由で帰途に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

中山道ウォーキング7日目

2日目はお世話になった民宿かじかを7:30スタート。
N0700

小田井宿に向かい下って行く、下方に雲海?。今朝は5℃まで下がったそうで、手が冷たい。
N0701

8:20小田井宿東口
N0702

整備されたお休み処
N0704

小田井宿本陣跡(安川家住宅)
N0705

問屋跡(安川家住宅)
N0706

問屋跡(尾台家住宅)
N0707

鳥居代わりの松に注連縄が、変わった神社
N0708

鵜縄沢端一里塚。
N0709

県道沿いにリンゴ園、うまそう。道瑞で1回目の休憩。
N0710

武田信玄ゆかりの龍雲寺
N0711

岩村田の町並み。招き狐のタイルがはめ込まれている。
N0712

浅間総合病院西にある相生の松
N0713

相生の松を過ぎると視界が広がり、北に佐久平の町並みがと浅間山N0714

黄金色の稲がきれい
N0715

田んぼの中にもリンゴ畑
N0716

10:15漆喰白壁と小川。
N0717

再び田園風景。でもこちらは稲刈りが終わり稲束が干されている。今でも干しているんだ。こうした方がおいしいお米ができるんだろうな。
N0718

10:31駒形神社に入り2回目の休憩。
N0719

ここからさらに下り、塩名田宿に。
N0720

漆喰と連子格子がいい。
N0721

出桁造りの家も
N0722

問屋・本陣跡(丸山新左衛門家)
N0723

高札場跡には、そぐわないポスターが・・・。
N0724

佐藤家住宅。塩名田宿で最も古式の町屋様式。
N0725

千曲川に降りる旧道に入る
N0726

お滝・十九夜塔・道祖神
N0727

千曲川船つなぎ石
N0728

千曲川に架かる中津橋より、たまには下流の景色を。
N0729

渡り切ると対岸に、船つなぎ石の説明看板。
N0730

塩名田宿を過ぎ、八幡宿に向かう
N0731

11:30八幡神社
N0732

鳥居の奥には立派な山門。
N0733

八幡宿本陣跡。
N0736

八幡宿の町並み
N0737

面白い火の見櫓。半分消防小屋に乗っている。
N0738

瓜生坂の登り口に今では珍しい案山子とマネキン首。
N0739

瓜生坂一里塚。
N0740

瓜生坂下り口。ここから脇の旧道に入る。
N0741

ここから脇の旧道に入る。
N0742

望月宿が見えてくる。
N0743

長坂の馬頭観音と道祖神
N0744

鹿曲川を渡り望月宿町並みへ。
N0745

出桁に「も」のモニュメント。
N0746

景観考慮建て替えの「松井屋さん」頑張ったね。
N0747

12:30最初に目に入った飲み屋兼食堂に飛び込み、ソースかつ丼とみそ汁。¥50負けてくれて、歩くと途中で食べなとキュウリの漬物1本くれたおばあちゃん、ありがとう!
N0748

井出野屋旅館。食堂のおばあちゃんが言うには何かの映画の撮影に使われたそうだ。
N0749

望月歴史民俗資料館
N0750

用水に使われていた釣瓶沢の水割石と木樋が置かれていました。時間がないので内部拝観はパス。
N0751

商工会館。もう一工夫欲しい。
N0752

本陣跡。
N0753

脇本陣跡
N0754

旧春美屋:下駄の看板
N0756

大伴神社
N0757

茂田井 間の宿
N0758

神明社
N0759

奥には小さいが立派な社
N0760

大沢酒造
N0761

武重本家酒造
N0762

漆喰壁の伸びる酒屋、道脇には小川が。
N0763

大沢酒造資料館
N0764

13:54休憩広場にて3回目の休憩
N0765

木造3階建て。
N0766

土蔵が残っている。
N0767

漆喰と連子格子
N0768

村上組高札場跡
N0769

石割坂。勾配がきつく大きな石があったので、割って道に敷いた。
N0770

茂田井一里塚跡
N0771

芦田宿へと下る
N0772

稲穂の向こうの浅間山が遠くなってきた。
N0773

14:25芦田宿東口
N0774

ふるさと交流館、立派な建物だがあまり利用されている雰囲気ではない。
N0775

町区公会所、変わった名前。
N0776

芦田宿本陣兼問屋跡
N0778

脇本陣跡
N0779


N0780

金丸土屋旅館。ここに泊まろうか検討した。
N0781

芦田宿西口、石打場公園。この先で逆から歩いてくる30後半~40代の人とすれ違う。久しぶりだ。
N0782

笠取峠の松並木。東海道を思い出す。
N0783

14:58中間の公園で4回目の休憩し、西口へ。ここから国道142号歩道をしばらく歩く。
N0784

笠取峠一里塚。
N0785

坂を登り切り笠取峠。
N0786

やや下ると、旧道に導く標識。
N0787

こんな感じの旧道。
N0788

長久保宿東口に。
N0789

一福処濱屋にて5回目の休憩。
N0790

旧本陣と高札場跡。
N0791

竹内家住宅(釜鳴屋)本うだつがある。
N0792

すごい連子格子の家。
N0793

長久保宿西口。バスの時間が迫っているので急ぐ。
N0794

一里塚跡。
N0795

16:45四泊のバス停到着。50分発のバスを待つが・・・17時になっても来ない。変だと思い時刻表をよーく見ると15時以降は土・日・祝日運休。がーん!
100m程戻りセブンイレブンでタクシー会社を教えてもらい、呼び寄せツーリスト美乃和へ。¥2380の出費。
N0796

17:50到着。風呂に行くと2つの洗い場と2人でいっぱいの浴槽。最初は一人だったので良かったが浴槽につかっていると、直に子供2人連れが入ってきたので洗い終わるまで出るに出られず湯だってしまった。
N0797

中日は50600歩、35.9㎞の旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道ウォーキング6日目

10月12日(金)中山道6日目の2泊3日旅に、いつもの新幹線で出発。長野新幹線の乗り継ぎが悪いので、東京駅をちょっと見学。
N0601

前回は5月終わりの東海道復路サイクリング到着時で、工事中でしたが立派に完成。
N0602

ドーム内もきれいでした。

9:20発の長野新幹線に乗り、高崎駅で信越線に乗り換え10:56横川駅に到着。
N0603

碓氷関所の門(総けやき造り)
N0605

門脇には「おじぎ石」通行人はこの石に手をついて手形を差し出し通行許可を受けた。
N0606

上信越道高架下をくぐり、はるか碓氷峠を目指す
N0607

11:33坂本宿下木戸跡に。
N0608

片側歩道と車道の間には小川が流れている。郡上八幡のようで、良い感じ
N0609

うだつが見える
N0610

上の本陣:佐藤本陣跡 後に坂本小学校として使われた。
N0611

景観を考慮した坂本公民館
N0612

坂本宿を出ると、アプト式鉄道トンネル跡
N0614

トンネルを出て道に戻ると、方向感覚を失い来た道に戻ってしまうが、何か変だと気付き200m程でUターンし、碓氷小屋に到着12:00ここで愛妻おにぎりを頂く。12:25いよいよ山道に入る
N0615

なかなかすごい山道
N0616

倒木もあちこちにある。間引きされていないためか?
N0618

堂峰番所跡。江戸時代に関所破りを取り締まったそうだ。
N0617

北海道支笏湖で見た柱状節理がここにも。
N0619

大垣曲り
N0620

12:55のぞき:坂本宿を見下ろせる。
N0621

刎石茶屋に水がないのを憐み弘法大使が掘り当てた井戸、何やら不気味。
N0622

刎石茶屋(四軒茶屋)跡
N0623

薄日は指すが鬱蒼と木々が茂っている。一人歩きは不安だ。前回松井田宿で昼食をしたときに「熊には気をつけて」と言われたので、ラジオを持参している。
N0624

碓氷坂の関所跡。いっぱい関所があったんだ。
N0625

掘り切り:豊臣秀吉の小田原攻め時に、北陸・信州軍を松井田城主が防戦した場所
N0626

南向馬頭観世音
N0627

北向馬頭観世音
N0628

座頭ころがし(釜場):岩や小石がゴロゴロしている
N0629

こんな山中に廃車が、どうやって来たのやら?
N0630

入道くぼ:赤土のなだらかな上り坂
N0631

山中茶屋跡に並んで山中学校跡。明治初めまで13軒程の茶屋があり賑やかだった。
N0632

山中坂:飯食い坂と言われ、手前の山中茶屋で腹ごしらえしないと登りきれなかった?
N0633

廃バスと廃別荘
N0634

蛇のような枝が垂れ下がっている
N0635

仁王門跡
N0636

思婦石(日本武尊の故事を歌った碑)を通過し、14:58やっと峠を越える。2時間半座る所もなくほとんど休まずに登り切った。早く通過したかっただけだけど。
N0637

赤門屋敷跡
N0638

熊野皇大神社
N0639

軽井沢ショー記念礼拝堂
N0640

芭蕉句碑
N0641

つるや旅館
N0642

軽井沢銀座、金曜日なのにそこそこ人がいる。
N0643

旧軽井沢ロータリーを通過するとカラマツ並木
N0644

16:41町立図書館前バス停にて休憩
N0645

軽井沢町役場を過ぎ川を渡る、浅間山の景色がいい

N0646

沓掛宿に入ると薄暗くなってくる。
N0647

追分宿高札場では真っ暗
N0648

N0649

分去れの道標:北国街道との分岐点
N0650

夜道で側溝の蓋があるのかないのか分からない中、18:20やっとの思いで民宿「かじか」に到着。

42700歩、30.3㎞の初日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

中山道ウォーキング5日目

10月1日(月)6時前に目が覚めると台風一過の青空です。早速風呂に行くが、1人が出る途中で他は誰もいない。昨晩も同じだった。日曜日で台風で宿泊客もいないようだ。
7時半にはチェックアウトし高崎駅に。今日も30℃の予想なのでリュックをコインロッカーに預け、7:59発電車に乗る。
0501

8:20群馬八幡入口出発点に。
0502


八幡宮大門
0503

金井方平翁須徳碑より板鼻宿へ入る
0504

男女の双体道祖神
0505

立派な古民家
0506

板鼻町道路元標
0507

8:55公園にて1回目の休憩
0508

碓氷川に架かる鷹の巣橋
0509

綺麗な古民家
0510

街道追分
0511

安中駅入口の久芳橋通過
0512

街に入ると提灯が、2週間後にお祭りのようだが、気が早い。早速コンビニでガリガリ君get。
0513

仮設山車小屋と祭典本部
0514

古民家
0515

古民家
0516

古民家
0517

便覧舎址
0518

安中大木戸跡
0519

街道を外れ新島襄先生旧宅に足を延ばすも、月曜日で休館
0520

10:44原市の杉並木
05210523

原市村戸長役場跡
0524

蔵屋敷
0525

11:47道祖神。付近にて3回目の休憩。
0526

視界が開け妙義山がきれい
0527

12:15上毛測量設計事務所に併設された蕎麦屋にて昼食。ランチ¥1000、野菜のてんぷら、十割そば、おにぎり、アイスクリームとおいしかった。
0528

松井田宿の案内板と標識
0529

古民家
0530

商工会館
0531

松井田城址碑
0532

立派な金剛寺
0533

信越本線を横断すると
0534

五料の茶屋本陣跡。ここも休館、最後の休憩。
0536

一時間に昼間は一本の信越線に乗るために速足で横川駅に向かう、景色はますます良くなる。
0537

14:45横川駅に到着
0538

14:57発高崎行に乗車、新幹線を乗り継ぎ自宅には19:45に戻る、疲れたー!
0539

39100歩余り、27.8キロの最終日でした。3日間は堪える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道ウォーキング4日目

9月30日(日)台風17号の影響は夕方からで夜中に通過するようだ。
8時にホテル出発、本庄駅前通過
0401

8:12中山道に戻る
0402

明治27年赤レンガ造りの本庄商業銀行として建てられ、大正9年武州銀行と合併、昭和51年に現在のローヤル洋菓子店が譲り受けた。登録有形文化財。
0403

立派な御蔵
0404

金鑚神社
0405

浅間山古墳
0406

9:02田通公園1回目の休憩
0407

庚申塔
0408

八幡神社
0409

武田信玄公夫人縁の陽雲寺
0410

上里町賀美小学校運動会
0411

一里塚跡
0412

神流(かんな)川
0413

見透灯篭
0414

10:10高崎市新町に入る
0416

神流川古戦場跡
0417

新町宿東常夜灯
0418

10:18八坂神社芭蕉句碑にて2回目の休憩
0419

新町駅前セブンイレブンを見つけガリガリ君をget。コンビニも非常に少なく苦労する。
0420

旅籠高瀬屋跡の碑
0421

小林本陣跡の碑
0422

弁財天公園にて3回目の休憩。今日も暑くてヘトヘト。
0423

新町河原よりの眺望図。今日は雲がかかって見えません。
0425

藤岡市に入る、鐘紡前の銀杏並木。
0426

烏川に架かる柳瀬橋
0428

常夜灯
0429

日光例弊使道との追分
0430

かなふ屋
0431

整備された古民家
0432

さらに

0433

スーパー前にある倉賀野宿本陣跡
0434

脇本陣跡
0435

再び脇本陣跡
0436

12:35倉賀野駅前のイタリアン「アンジェムートン」にてランチ。グラスビールを1杯。
0437

13:10高札場跡
0438

松の並木。というには数十年早いか?
0439

上越新幹線高架下にて4回目の休憩をし、榎の並木。途中から種類が変わる。
04400441

14:25今日の宿泊地ドーミーイン高崎前を通過、予定はここまでだがもう少し頑張ろう!
0442

歩道には噴霧器が、テレビでは見たが目の当たりにするのは初めて。
0443

14:43高崎市文化会館裏の公園にて5回目の休憩。
0444

岡醤油醸造前。高い反射炉のような煙突。
0445

烏川に架かる君が代橋、この当たりからポツリポツリ。
0446

15:55上豊岡の茶屋本陣前では本降りで、時々強くなる。近くのバス停を見るが1時間待ちのためJR駅に急ぐ。
0447

16:12群馬八幡駅入口にて本日行程終了。
0448

16:20踏切100m前で登り電車が通過、いやな予感。駅到着後時刻表を見ると35分待ち。44000歩、31.3㌔の中日。
0449

17時過ぎに高崎駅に戻り、駅ビルにて握り寿司他と缶ビールをgetしホテルに向かう。
到着する頃には靴・足元がびっしょりに。さっそく最上階大浴場にてさっぱりとし、部屋にて1人宴会。台風接近のニュースを見ながら。
0450

平清盛を見ながら眠ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道ウォーキング3日目

9月29日(土)お彼岸も過ぎ涼しくなることを想定し、中山道ウォーキングを再開する。
しかし、台風17号が予想より早く接近していて残暑が厳しい。
東京駅に8:13着、上野経由で高崎線快速に乗り継ぎ行田駅に9:44到着する。東海道に比べて遠距離となりたいへんだ。
0301

5分足らずで前回雨に濡れた荒川堤に。
0302

ウォーキング・散歩・サイクリングの人とすれ違いながら堤を降りると、小学校では運動会。
今日は運動会が多そう。
0303

鉄筋コンクリート製のラセンスロープは珍しい。創るのもたいへんだったろうに。
0304

10:58熊谷駅手前の公園(八丁の一里塚跡)にて1回目の休憩。100円拾うラッキー
0305

11:12熊谷駅前を通過
0306

11:45公園にてwife特製のおにぎり昼食。
0307

そこには秩父道道標。
0308

12:25けやきの新島一里塚。昔は榎だったそうです。
0309

忍領石標
0310

12:35追分の大木。北海道で見たためか大木が気になる。100m程前を若者が歩いているに気付く。
0311

国道17号線合流、東京から70㎞来ました。
0312

再び旧道に入る所に大木。追いつきそうになった若者はこちらに気づいたのか、いつの間にか消えた?せっかく声をかけようと思ったのに嫌われたか?
0313

14:02深谷商業高校前の松並木。
0314

旧深谷宿東の常夜灯
0315

14:35赤レンガの深谷駅にて3回目の休憩。リュックを背負っているので背中が汗でグッショリ。
0317

駅前公園には澁澤榮一の銅像。
0316

旧深谷宿の古民家
03180319

15:05旧深谷宿西の常夜灯
0320

国道から旧道への追分大木。この先で4回目の休憩。
0321

16:21小山川に架かる滝岡橋、登録有形文化財。
0322

のどかな畑風景の中を歩く。
0323

川の土手にはススキと彼岸花
0324

この先堤上の行程だが、ススキだらけで諦め脇道へ。すると怪しげな塀。
0325

17:30薄暗くなった本庄駅入口。予定では手前の岡部駅までだったが、台風が心配でできるだけ足を延ばそうと頑張った。45700歩、32.4㌔の初日。
0326

ホテル本庄到着。
0327

レストランはやってそうもないので、シャワーを浴びさっぱりして駅に向かうがコンビニが1件あるだけ。反対側に向かうと少しは開けているが居酒屋が2件ほど目に入るだけ。
魚民にて夕食。最後に食べたご飯セットはひどかった。240円でどんぶり飯とナスの漬物と一番安い出汁のきいていないインスタント味噌汁。早々にホテルに戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧