« 総持寺 | トップページ | 姫街道復路1日目 »

2021年11月30日 (火)

第11回しょうご会伊豆旅行

やっと新型コロナが治まってきた11月21日(日)~22日(月)しょうご会11回目の伊豆旅行。
近場なので6:30出発、新東名に乗り静岡SAでうどん朝食、9:00沼津御用邸着。

まずは、西附属邸御殿:明治38年に昭和天皇の御用邸として造営。
総面積1270㎡、部屋数26室の平屋建て宮廷建築。
むくり破風の玄関御車寄
P1160182
白砂の中庭
P1160184
手元を見やすくする天窓のある共進所(くしんじょ):皇室の食事を盛りつけたり配膳した部屋
P1160186
大正3年昭和天皇が学習院初等科時代にお乗りになった自転車の複製
P1160187
調理室:タイル貼の天井にはトップライト、ガラスは二重
P1160188
国歌にある「さざれ石」石灰質角礫岩
P1160190
旧沼津御用邸本邸復元模型
P1160191
縁側:一本物の軒桁はすごい!
ガラスは当時のものを復元するため、ドイツ職人による手作り。凹凸のあるゆがんだ昔ながらのガラス
P1160192
供進所:皇室の食事を盛りつけたり配膳した部屋。見やすいように天窓がある
P1160193
御食堂:12.5帖、壁・ふすまは間似合紙(まにあいし)張
間似合紙は山に自生する雁皮という木の皮を砕いて煮詰め、名塩石を泥状にすりつぶして加え、手で漉いたごく上等な和紙
P1160194
謁見所:10帖畳敷きの上に絨毯、絨毯は修復前と同様に復元
P1160195
フロアコンセント
P1160196
御座所:10帖の居間、柱は黒松、鴨居・長押は赤松
P1160197
御寝室
P1160198
大正11年に増築された御玉突所:ビリヤードは明治時代、上流階級の社交的レジャー
P1160199
トイレ
P1160200P1160201
御料浴室:江戸時代以来の掛かり湯形式の浴室のため浴槽はなし
6月見学した福井の養浩館と同じ形状
P1160202
梅園の蝋梅
P1160203
梅園より
P1160204
増築された御玉突所:屋根はスレート葺
P1160205
西庭より御座所
P1160206
沼津垣:丸い箱根竹を網代に編み込んだ垣根
P1160208
東面内玄関
P1160210
旧本邸の馬屋を改装した喫茶・主馬
P1160211
歴史民俗資料館
P1160212
昭和の茶の間
P1160213
東附属邸:明治36年昭和天皇の御学問所として赤坂離宮の東宮大夫官舎を移築造営
P1160214
玄関
P1160217
駿河待庵:千利休作国宝「待庵」を模した、杮葺切妻造茶室
P1160219
庭園よりの御殿
P1160220
庭園よりの御殿
P1160222
正門を見て終了
P1160226
2番目は、重要文化財「江川邸」
表門:1696年築、薬医門
P1160227
当初は茅葺屋根
P1160228_20211125170501
昭和35年改修時に銅板葺屋根に
P11602291
銅板屋根葺替工事中で素屋根が架かる
P1160231

式台~玄関
P1160232
小屋組
P1160234
約50坪の天井のない土間
P1160236
パン焼き窯
P1160240_20211124141601
生き柱
P1160239_20211124141401
中の蔵:小屋裏に忍び込まれないように竹垣
P1160237
台所
P1160238
生き柱の根
P1160243
韮山竹林
P1160245
内庭の池
P1160247

P1160248
西蔵(肥料庫)幕末頃の建築で、正面から見ると将棋の駒のような形をしていることから駒蔵とも呼ばれる
P1160249
明治25年築の南米蔵、大正8年築の北米蔵
P1160244
パン祖の碑:江川英龍は1842年頃乾パンのようなものを兵糧として焼いた。
昭和28年全国パン協会が英龍を「パン祖」として顕彰
P1160250
裏門(裏面)1823年築だが、門扉は1590年秀吉の小田原攻めの際鉄砲玉や鏃(やじり)の跡が残る
P1160252
表面
P1160254
蔵屋敷にて昼食
P1160255
GoToEatを利用し、豪華に鰻御前
P1160256
3番目は、韮山反射炉
P1160260
_000014
焚き所風入口と灰穴
P1160261
石炭投入口と鋳物鉄投入口
P1160262
鋳型を置く鋳台
P1160263
反射炉碑
P1160264
裏面
P1160265
出湯口側
P1160267
4番目の浄蓮の滝。降り口には伊豆の踊子像。
P1160275
浄蓮の滝の紅葉
P1160276
雨が降り出す。
P1160277
浄蓮の滝
P1160278

P1160281
ワサビ田
P1160282
石廊崎灯台に行く途中
P1160287
石廊崎灯台:高さ11.38m、海面からは59.54m
明治4年灯台の父イギリス人建築士ブラントンの設計により木造で建てられた
暴風雨による大破で、昭和8年鉄筋コンクリート造に改築、平成5年に白タイル貼
P1160290
先端の石室(いろう)神社
P1160291
太平洋
P1160292
P1160296
帰る頃には灯りが灯りました
P1160298-1
下田ビューホテルには17時半到着
10帖和室部屋予約でしたが、ベッドルーム付角部屋にグレードUP
P1160302
夕食は19時
Dsc_0470_20211125170901
先付(落花生生豆腐、山葵入りジュレ他)
Dsc_0471_20211125170901
伊勢海老の鬼殻焼き、お刺身
Dsc_0474_20211125170901
黒鯛蒸し、鮑小芋田楽
Dsc_0475_20211125170901
金目鯛しゃぶしゃぶ
Dsc_0476_20211125171001
デザート&フルーツ
Dsc_0477_20211125171001
朝日が少~し覗きました。
P1160305
7:40朝食
Dsc_0478_20211125171001
8時半過ぎホテル出発、建物にはホテル名がない。
いつでも身売りしやすいように?
P1160307
最初の地は、日米和親条約交渉の場「了仙寺」1835年築。
P1160309
正門
P1160312
黒船ミュージアムを見学後
雨のためペリーロードは歩かずに車で下田港
P1160313
2番目のペリー艦隊上陸の地には、ペリー像
P1160314
3番目の上原美術館
P1160317
上原近代美術館
P1160319
上原仏教美術館
P1160320
大正製薬㈱名誉会長 故上原正吉・小枝夫婦像
P1160321
会社のマークである鷲と財をひき客をひき幸運をひくひき蛙
P1160324
出入口には金剛力士(仁王)
P1160329_20211124143501
中央にある釈迦三尊と四天王
P1160326
阿弥陀如来と雲中供養菩薩
P1160325_20211124144001
天部の神々
P1160327
大黒天・布袋・恵比寿
P1160330
不動明王
P1160332
聖観世音菩薩
P1160335
大日如来
P1160336
トイレのレバーハンドルがすごく小さい
P1160339
4番目は、重要文化財岩科学校:なまこ壁・唐破風・アーチ窓・半円形バルコニーの擬洋風建築
明治13年完成。
P1160340
_000022
1階玄関・廊下
P1160354_20211124150201
1階明治の校長室
P1160342
1階明治の教室
P1160352_20211124150401
農家のくらし
P1160355_20211124150501
建築当初の部材:貫
P1160343
塗り壁構造
P1160344
2階ホール漆喰鏝絵のランプ掛と鳳凰
P1160345
2階展示室
P1160346
2階西の間欄間には、入江長八の漆喰鏝絵の千羽鶴が飛翔
P1160347
_000021_20211130163301
2階西の間床の間・違い棚
P1160348
2階廊下
P1160350
屋根の鯱
P1160357_20211124151101P1160356
開花亭(旧岩科村役場)明治8年築、移築復元。
P1160361
仁科港まで行き、沖あがり食堂にて昼食
P1160362
松崎町に戻り、5番目の長八美術館
P1160364
P1160365
P1160366
P1160367P1160368

P1160369

P1160370

P1160373

P1160374
2階ホール天井
Img_7172 
夢の蔵
P1160376
長八の菩提寺「浄感寺」
P1160381
本堂
P1160382
本堂天井の雲龍
17f75ed69bf9ee99259a1846cfdb3161
欄間の飛天
Chouhachi_007_3
透かし彫
P1160385
なまこ壁通り
P1160387
伊豆文邸:明治43年築の呉服店、木造2階建て延べ260㎡。平成17年内部改修
P1160388
帳場
P1160390
水琴壷(すいきんこ)
P1160391
明治商家の再現
P1160392
茶の間?
P1160393
2階南 床の間
P1160394
2階北 床の間
P1160395
2階階段脇書院
P1160396
最後は、伊豆文邸足湯につかる
P1160398
雨もひどくなってきたので、15時早めの帰路に就く。
予定では、土肥より駿河湾フェリーでしたが欠航のため、伊豆縦貫道経由新東名に、静岡SAで夕食をとり、19時過ぎ帰宅。

|

« 総持寺 | トップページ | 姫街道復路1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総持寺 | トップページ | 姫街道復路1日目 »