« 東海道復路ウォーキング23日目 | トップページ | 東海道復路ウォーキング24日目 »

2021年10月27日 (水)

旧吉田邸

東海道復路ウォーキング22日目の途中、旧吉田邸が目に付き見学。
国1の北と南に分かれた大磯城山公園、南の旧吉田邸地区へ。
P1150645_20211027104301
表門
P1150644_20211027104301
内門、軒先に曲線状の切り欠きがあり兜の形に似ているため兜門とも呼ばれる。
P1150646_20211027103701
旧吉田邸は、茂の養父健三氏が明治17年別荘として建築。
その後増改築を重ね、茂氏が昭和19年~42年89歳まで過ごした邸宅。
近代的な数寄屋檜造り本邸は、吉田五十八の設計。
平成21年3月消失後、平成29年4月再建公開。
10年前に歩いた時に気付かなかったはずだ。
P1150648_20211027103701
本邸脇のサンルームは、昭和38年築。火災からは免れたが、耐震上の問題から立ち入り禁止で外観保存。
P1150650_20211027103701
応接:楓の間
P1150652_20211027103801
階段
P1150653_20211027103801
浴室には船大工作成の舟形浴槽
P1150654_20211027103801
2階縁側
P1150656_20211027103801
2階書斎よりの裏庭
P1150662
2間続き書斎
P1150664
書斎コーナー:堀炬燵のある四畳半
P1150660
吉田茂の白足袋オブジェと言葉のオブジェ「バカヤロー」
P1150666
裏庭
P1150668
伊豆半島
P1150669
居間:金の間、賓客を迎えるための応接間
P1150671
金の間天井:金の金物
P1150675
寝室:銀の間
P1150672
銀の間天井
P1150674
洗面所
P1150676
浴室
P1150677_20211027111201
階段
P1150678
食堂よりに表庭
P1150681
かつてはサンルームに繋がっていた
P1150682
食堂:ローズルーム
P1150684
愛飲したお酒
P1150687
表庭より
P1150688
表庭
P1150689
心字池
P1150690
七賢堂:当初は明治36年伊藤博文自邸大磯の「滄浪閣」に岩倉具視・大久保利通・三条実美・木戸孝允の4人が祀られた四賢堂でしたが、伊藤博文・吉田茂・西園寺公望を合祀し七賢堂に。
P1150692
吉田茂銅像、顔は講和条約締結の地サンフランシスコを向いている。
P1150695
裏庭よりの外観
P1150697
ゆっくり見学したかったが、日が暮れるのが早いため早々にウォーキングに戻る。

|

« 東海道復路ウォーキング23日目 | トップページ | 東海道復路ウォーキング24日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海道復路ウォーキング23日目 | トップページ | 東海道復路ウォーキング24日目 »