« 東海道復路ウォーキング21日目 | トップページ | 二俣城址・鳥羽山城址 »

2021年10月15日 (金)

小田原城

東海道復路ウォーキングを早めに切り上げ、以前より何度も横目で見てきた小田原城に向かう。
Photo_20211015103001
まずは馬出門より
P1150514
控え柱にそれぞれ屋根のつく高麗門形式。平成21年復元。
P1150516
馬出門桝形
P1150519
住吉堀
P1150524
住吉橋
P1150526
銅門(あかがねもん)
P1150528
銅門梁は国産黒松で丸い刃がついたハマグリ釿(ちょうな)により鱗のような加工
P1150530
土塀模型
P1150532
UP
P1150533
本丸東堀に架かる常盤木橋
P1150536
常盤木門、常盤木(ときわぎ)は常緑樹で、松の木が常に緑色をたたえて何十年も生長することになぞらえ、小田原城が永久不変に繫栄することを願って名付けられた。
P1150538
本丸跡より天守閣
P1150541

P1150542
天守閣よりの小田原市内
P1150544

P1150545

P1150546
 天守閣はRC造でいまいち、展示物も特に興味を引くものはありませんでした。

|

« 東海道復路ウォーキング21日目 | トップページ | 二俣城址・鳥羽山城址 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海道復路ウォーキング21日目 | トップページ | 二俣城址・鳥羽山城址 »