« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月25日 (金)

父の日

今年も父の日に、長男夫婦と次男夫婦よりプレゼントを頂きました。

長男夫婦からは、九谷焼ビアカップ
Dsc_0436

次男夫婦からは、大好きな黒龍
Dsc_0434
いつもありがとう!

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

第10回しょうご会旅行1日目

相変わらずのcovid-19で、都会では緊急事態宣言がまん延防止に移行する6月20日(日)~21日(月)10回目の旅行。
様々な理由で、今回は半数の3名で朝5時前出発、7時前養老SAで朝食を取り、9時に越前一乗谷下城戸に到着。
高さ5m、長さ20mの城門跡
P1140879P1140930_20210622133001
まずは上流の一乗滝へ
P1140880
佐々木小次郎ゆかりの地、燕返しをあみだしたと伝えられている
P1140881_20210622133101
滝全景、落差12m
P1140885_20210622133101
一乗谷川右岸を見学
P1140886_20210622133301
諏訪(義景の妻:小少将)館跡庭園 下段 中央に高さ4m13㎝の巨石、ヤマモミジは樹齢100年。
P1140889
上段
P1140890
英林塚(初代朝倉孝景墓)
P1140891
竪堀
P1140892_20210622133401
湯殿跡庭園
P1140896_20210622133401
朝倉館跡を見下ろす
P1140899_20210622133401
朝倉義景墓
P1140901_20210622133401
西の唐門
P1140904_20210622133401
中の御殿跡への道路跡
P1140905_20210622133401
一乗谷川
P1140906_20210622133401
左岸の復原街並へ
Ccf20210622_0003
武家屋敷跡
P1140907_20210622133401
上級武家屋敷群跡
P1140908_20210622133401
萩を彷彿させる土塀
P1140909_20210622133401

P1140911_20210622133401

P1140913_20210622133401

P1140915_20210622133401

P1140916_20210622133401

P1140917_20210622133401

P1140918_20210622133401
P1140919_20210622133501
復原武家屋敷の主殿6間×4間
P1140925_20210622133501
座敷で酔象駒のある朝倉象棋
P1140923_20210622133501
黄金の甲冑
P1140924_20210622133501
井戸
P1140921_20210622133501
模型
P1140926_20210622133501
P1140927
11:15福井市内に向かい、「すいこう」にて昼食11:35
P1140933_20210622133801
名物の越前おろし蕎麦とソースカツ丼
P1140934_20210622133801
食後は、藩主福井松平家別邸の養浩館庭園。第3日曜日家庭の日で無料、ラッキー
P1140935_20210622133801
苔の庭園
P1140936_20210622133801
玄関
P1140938_20210622133801
御上り場からの庭園
P1140941_20210622133801
御上り場からの御湯殿、奥には蒸風呂
P1140942_20210622133801
御座ノ間、座敷の中心
P1140943_20210622133801
座敷の土縁
P1140944_20210622133801
御月見ノ間:離れ座敷、三方より庭の景色を楽しめる
P1140945
鎖ノ御間、袋戸棚のある床に掛込天井
P1140946_20210622133801
御次ノ間~御座ノ間
P1140950_20210622133801
杮(こけら)葺屋根と越屋根
P1140951_20210622133801
庭よりの数寄屋造り別邸
P1140953_20210622133801
P1140957_20210622133901
綺麗な紫陽花も
P1140958_20210622133901
福井駅西口に向かう途中、福井城跡石垣とお堀
P1140960_20210622133901
13:00福井駅西口広場
P1140961_20210622133901
フクイティタン:高さ6m、長さ10m日本で初めて学名が付けれた
P1140963_20210622133901
フクイサウルス:全長4.7m、日本で初めて全身骨格が復元された草食恐竜
P1140964_20210622133901
フクイラフトル:肉食恐竜として日本で初めて全身骨格が復元された
P1140965
恐竜足跡化石のレプリカ
P1140966P1140967_20210622133901 
養浩館に戻り、13:40丸岡城到着
P1140969
城前には牛ヶ島石棺:約1600年前の刳り抜き式船形石棺
P1140972_20210622134001
全景:現存12天守、北陸唯一
P1140973
城前には、「人柱お静」のお墓
柴田勝家の甥勝豊が1576年築城の際、天守閣の石垣が何度積んでも崩れた。人柱を入れるよう進言され、選ばれたのが二人の子をかかえ苦しい生活をしていた片目のお静。一人の子を侍に取り立ててもらうことを約束に、人柱になることを決意し、中柱の下に埋められた。
天守閣は立派に完成したが、お静の子は侍にしてもらえなかった。その後毎年藻苅をするころ、涙雨で堀には水が溢れたため供養で墓をたてた。
P1140976_20210622143101
石製鯱。元来木堀銅板張の鯱が戦時中、屋根と同材の石材で作りかえれらた。
昭和23年6月の福井大地震で落下、現在は元通り木堀銅板張に復元。
P1140977_20210622134101
急な梯子を2度登ると天守閣3層最上部。小屋組は単純明快。
P1140979_20210622134101
福井市内
P1140978_20210622134101
石瓦
P1140984_20210622134101
2層、3階と同じ大きさ。
P1140985
模型
P1140987_20210622134101
正面見上げ
P1140990_20210622145001
南側
P1140991_20210622145101
野づら積石垣
P1140992_20210622134101
白鷺湯 たわらや に15時過ぎに到着
P1150010_20210622134401
3人だが、割引クーポンとポイントを使いゆったり12.5帖の部屋
P1140994
温泉街散策、まずは菊の湯で日帰り入浴、深い立湯
P1140996
からくり時計
P1140997_20210622134501
山中座
P1140995_20210622134501
ホール舞台
P1150002_20210622134501
180名の客席
P1150001_20210622134501
温泉街街並み
P1150004_20210622134501
昭和6年5月7日のフェーン現象大火では、1200戸の内800戸以上が焼失。
その後、土地区画整理事業で10年頃には現在の形がつくられる。
P1150005_20210622134501
桃の木公園にある手挽きガソリンポンプ車
P1150007_20210622134501
辻酒販で試飲。なんとおちょこ一杯200円と500円。
今までの試飲とは違う。買う気にもなれず、早々に引き上げる。
P1150006
芭蕉の館
P1150008_20210622134501
温泉に来る途中たくさんの看板があった加賀名物娘娘(にゃあにゃあ)饅頭を一つ¥110頂く。
P1150009_20210622134501
旅館に戻り、一風呂浴びて部屋で湯上りビールで喉を潤し
18:30夕食
Ccf20210622
P1150012_20210622134501 
食後はライトアップされたあやとり橋を散策
P1150014_20210622134701
部屋に戻り、ハイボールを飲み22時半頃熟睡。

| | コメント (0)

2021年6月22日 (火)

第10回しょうご会旅行2日目

2日目は、5時起床朝湯を浴び散歩に
芭蕉の道より
P1150019_20210622134801
黒谷橋
P1150020_20210622134801
大聖寺川
P1150021
黒谷橋を振り返る
P1150022
鶴仙渓遊歩道へ
P1150023
芭蕉堂
P1150024
P1150025
河原へ
P1150028
たわらや大浴場
P1150029
良い感じの遊歩道
P1150030
小才橋
P1150033
川床の営業時間9:30~16:00確認
P1150034
あやとり橋を渡り旅館へ戻る
P1150037
玄関ロビーでサービスコーヒー☕。我々以外数組しか宿泊客はいないよう。
P1150039
7:30朝食🍴
P1150041
8:40旅館を出て、こおろぎ橋見学
P1150043
ぽつんと常夜灯
P1150045
渡りきると石標
P1150046
全景
P1150047
見上げ、甲州街道の猿橋を小さくした感じ
P1150048
川床に
P1150051
小さな不動滝もある
P1150053
あやとり橋を眺めて
P1150058
川床ロールと
P1150059
冷製抹茶しるこを食す
P1150060
9:45山中温泉を後に、道の駅山中温泉を経由し10:48黒龍酒造石田屋
P1150063
P1150062
おいしそうなお酒が一杯
P1150065
ミニボトルセットや小物類も
P1150066
永平寺御用達のためか、お坊さんが宅配伝票に一杯書いていました
P1150067
黒龍の龍と梅酒とグラスを購入
酒蔵を後に
P1150068
25年ぶりの永平寺
P1150069
P1150070
こちらにも苔庭
P1150072
手水舎(ちょうずしゃ)
P1150074
一葉観音
P1150076
玄関となる通用門
P1150077
吉祥閣より建物内へ
P1150078
伽藍配置
P1150079
傘松閣156帖大広間の格天井
P1150080
中央の仏殿、総欅造り宋朝様式
P1150084
左手の僧堂
P1150086
仏殿内部、お釈迦様
P1150088
仏殿より中雀門を見下ろす
P1150090
彫りと虹梁
P1150092
折り上げ格天井
P1150093
法堂への西階段
P1150094
法堂内部、聖観世音菩薩
P1150095

P1150096
法堂外観
P1150099
東階段
P1150100
大庫院 構築模型
P1150101
大庫院、仏膳と修行僧・来賓の食事を調える所
P1150102
山門の四天王
P1150105
山門より中雀門
P1150109
ゆく年くる年の鐘楼
P1150106_20210623174801
鐘楼堂の奥に舎利殿
P1150112
最後にふれあい観音
P1150114
永平寺門前には食事をする場所がなく、2㎞ほど下り紹介された「矢の屋」にて昼食
残念ながら精進料理は予約が必要らしい
P1150115
恐竜博物館予約時間まで90分程あるので、平泉寺白山神社へ
1795年第12代福井藩主松平重富により再建
P1150117
参道
P1150119
拝殿
P1150121
総欅造の御本社、扉御開帳は33年に一度のみ、次回は2025年。
P1150123
別山社
P1150126
子を抱いた狛犬
P1150127
越南知社(おおなむちしゃ)
P1150128
旧玄成院、社務所として利用
P1150129
庭園
P1150131
西芳寺苔寺と並ぶ名高い国指定史跡とあるが、¥50で手入れがあまりされていない
P1150132
苔の生えた常夜灯
P1150133
勝山城博物館通過、天守風建物高さは57.8mで日本一
P1150135

P1150134_20210623165701
清大寺(越前大仏)五重塔と大仏殿を遠目に
P1150136_20210623165801
恐竜博物館
P1150139
玄関は3階恐竜博物館
P1150140
1階へエスカレーターで降りる
P1150148
お迎えのティラノサウルス
P1150150
ガチョウのようなマイアサウラ
P1150154
ブラキオサウルス?
P1150159

P1150160

P1150161

P1150162

P1150163

P1150164
フクイサウルス
P1150165
ガメラ?
P1150167
1階全景
P1150168
帰路途中、九頭竜ダム
P1150171_20210624110401
総貯水量3億5300万トン
P1150169
岩石を使ったロックフィルダム、直下は長野発電所22万kW
P1150170
岡崎SAはフードコートを閉めかけていたので、設楽ヶ原PAで夕食を取り
21時過ぎ帰宅。楽しい2日間でした、次回はフルメンバーで行きたい!

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

東海道復路ウォーキング19日目

6月12日(土)2週間ぶりの東海道復路19日目、前回同様7:15自宅発、バイパス利用し富士道の駅で休憩し、9:40三島市本町パーキングに駐車。
三島駅に向かい10:13発静岡行に乗車し、10:26原駅に到着。駅前で準備し10:35start。
P1140695_20210614105501
駅前には浮世絵
P1140696
10:37旧道に戻りました。
P1140697_20210614105501
本陣渡邉家跡は案内表示のみ
P1140698_20210614105501
問屋場跡。
P1140699_20210614105501
たくさんある浅間神社。
P1140700_20210614105501
白隠禅師生誕地、10年前とは違う。
P1140701_20210614105501P1140702_20210614105501
10年前は
P1000575
東海道線原横断踏切は東に移動
P1140704_20210614105501
東海道本線横断
P1140705_20210614105601
片浜駅前通過11:10
P1140707
前回はなかった旧東海道表示
P1140708_20210614111401
西間門八幡宮にて1回目の昼食休憩11:40。ベンチにてwifeお弁当。
P1140709_20210614105601
西間門交差点を直進
P1140710_20210614105701
この地南の浜で閻魔大王像の首が網に掛かり、首の後ろに「天竺摩伽陀国」と彫られていた。
村人は堂を建て、胴体手足を造り像にして安置お祀りしたのと言い伝えから、「間門(まかど)」
P1140711_20210614105701
丸子神社
P1140712_20210614105701
狩野川永代橋手前交差点を左折
P1140713
沼津宿清水本陣跡
P1140714_20210614105701
高田本陣跡
P1140715_20210614105701
三枚橋城(沼津城)外堀跡
P1140717
川廓(かわくるわ)通りへ右折
P1140718_20210614105701
東は狩野川、背後は沼津城の外廓に接した狭い町
P1140719_20210614105701
左手は数年前来た建築士会東部ブロック事務所
P1140720_20210614105801
旧川廓町
P1140722_20210614105801
中央公園にて2回目の休憩12:42
P1140723
きれいな花壇
P1140724_20210614105801
川廓通り東口
P1140725_20210614105801
旧国1通りに合流するも、すぐに旧道へ右折
P1140726_20210614105801
日本三大仇討の一「平作地蔵」
P1140727_20210614105801
再び旧国1通りに合流
P1140729_20210614105801
草の中に、東海道石碑
P1140730
合わせて沼津市大岡歴史マップ
P1140731
1㎞弱ほどで再び旧道に右折
P1140732_20210614105801
黄瀬川駿豆五色橋よりの富士山
P1140735_20210614105901
清水町長沢の松並木
P1140737_20210614105901P1140739
八幡神社入り口
P1140740
120m程で八幡神社
P1140741_20210614105901
さらに100m弱で拝殿
P1140744_20210614105901
北西奥に、源頼朝と源義経対面石。1180年10月平家軍勢が富士川まで押し寄せてきたとき、鎌倉の頼朝がこの地に出陣。奥州からかけつけた義経と対面。
P1140742_20210614105901
柿田川公園に寄り道
P1140759_20210614134501
第1展望台
P1140748_20210614105901P1140749_20210614105901
柿田川最上流部の湧水
P1140750_20210614105901
第2展望台
P1140751_20210614110001
昔、紡績工場が井戸として利用
P1140753
湧水広場
P1140755
柿田川
P1140758
東海道に戻り、対で残った宝池寺一里塚
P1140760_20210614110001
P1140761_20210614110001
本場の伊豆石積蔵
P1140763_20210614110001
常夜灯:秋葉大権現と富士浅間宮の刻み、1846年建立
P1140764_20210614110001
千貫樋
P1140766_20210614110001
奥の境川に架けられた千貫樋、当初は木樋だったが、関東大震災で崩落し、現在の鉄筋コンクリート製に。
P1140767
源兵衛川の源兵白旗橋
P1140768_20210614110001
15:10本日の終点本町交差点。22500歩、15.6㎞。
P1140770
本町駐車場より15:15帰路に。国1は原駅まで信号渋滞で混雑、1時間かかり16:15富士道の駅で休憩、そして17:15道の駅宇津ノ谷休憩し、18:30帰宅。

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »