« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月23日 (金)

東海道復路ウォーキング15日目

昨年師走以来4ヶ月半ぶりのウォーキング。
4月22日(木)7:40自宅発、9:12二川駅前駐車場着。9:19豊橋行きに乗り、名鉄に乗り換え9:52国府(こう)駅着。
国1を超え10:00前回到着点新栄2丁目交差点よりスタート。
P1140087
旧家
P1140088
大石医院は明治天皇御聖跡(東京御東幸時の小休憩地)
P1140089
秋葉山常夜灯
P1140090
直ぐに国1を斜め横断(久保町向田:厨房機器メーカーAIHO交差点)左折
P1140091
国1北側は、名鉄本線と豊川線により旧道がはっきりしない。
P1140092 
再び国1を斜め横断(白鳥5丁目西交差点)
P1140094
東三河環状線で切断、国1に迂回
P1140095
環状線反対側の旧道に戻る
P1140096
旧家が残る
P1140097 P1140099 
サツキ公園にて1回目の休憩11:00
P1140102
向かいには、速須佐之男神社
P1140103
山本太鼓店横に、伊奈一里塚跡
P1140104
伊奈村立場茶屋加藤家跡(茶屋本陣跡)
P1140105

P1140106
秋葉神社と名残りの松
P1140107
飯田線横断、右手に小坂井駅
 P1140108
豊川放水路手前に子だが橋:一千年前春の大祭初日にこの街道を通る若い女性が生贄にされていた。
「(我が)子だが止むを得ん」と生贄に捧げたのでこの名が。
P1140109
豊川放水路
P1140110
豊橋魚市場
P1140111
東海道の表示
P1140112
旧家
P1140113 
豊川に突き当たる。下地堤防改修記念碑
P1140115
四阿にて2回目の昼食休憩、愛妻弁当を頂く😃12:12
P1140114
豊川稲荷遥拝所
P1140116
豊川に架かる豊橋(とよばし)
P1140118
船町と高札場があったようです
P1140119
川沿いに白魚句碑
P1140120
湊町公園にある湊築島弁天社
P1140121
松尾芭蕉吉田宿旅籠の記
P1140122 
岡崎宿のような曲ん手が続く
P1140124
西惣門
P1140126 
中京銀行豊橋支店
P1140127
うなぎ 丸よ の前に吉田宿本陣跡
P1140128
左折北上の案内はあるが、その先2度の曲ん手には案内なし😠
P1140129 
東八町交差点にある東惣門
P1140131
対面には、吉田中安全秋葉山常夜灯
P1140132
交差点全景
P1140133
このあと、国1を進む。浜松まで39㎞。
P1140134
東新町交差点公園に入るところに、小さな秋葉神社
P1140135
桜ヶ丘公園にて3回目の休憩13:27
P1140136
瓦町交差点の壽泉寺
P1140137
本堂
P1140140
立派な三重塔
P1140141 
単調な国1を約2.5㎞進むと殿田橋交差点手前をやっと旧道に入る。
P1140143
藤棚がきれい!
P1140144
10年前、故STさんと眺めた黒松がだいぶ大きくなっていました。
P1140145
火打坂池公園で4回目の休憩14:56
P1140146
火打坂を下ると、のんほいパーク(豊橋総合動植物園)観覧車
P1140147
豊橋一里半の道標
P1140148
二川駅の戻って来ました15:11
P1140149
旧家
P1140150 
立場茶屋跡
P1140152 
高札場跡
P1140208
二川宿本陣資料館入口
P1140207
本陣
P1140206
資料館
P1140153
旅の様子
P1140156
吉田宿ジオラマ
P1140159
歩いてきた五街道と脇往還地図
P1140157
旅籠屋「清明屋」
P1140160
清明屋の象鼻
P1140201
当時の食事
P1140167
本陣玄関
P1140176 
かまど
P1140186
中庭
P1140190
湯殿
P1140195
雪隠
P1140196
上段の間
P1140194
広縁
P1140198 
節句飾りがたくさんで見事でした。
P1140191

P1140193

P1140177

P1140178

P1140180
出口には大甕
P1140203 
高札場をみて帰路に、約22㎞、32000歩の1日でした。
P1140204 
16:30駐車場を出て、17:50自宅着。

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

登呂遺跡

4月15日(木)県庁での会計検査終了後、3階建木造住宅の現場に寄る途中、昼食を兼ね登呂遺跡見学。小学校以来50数年ぶり。
Dsc_0401
1号住居
Dsc_0396
 1号住居内部
Dsc_0395
2号高床倉庫、柱には円形のねずみ返し
Dsc_0400
2号住居と、手前には住居跡
Dsc_0398
祭殿
Dsc_0399 


| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »