« 技術見学会 | トップページ | 山林伐採見学会 »

2014年10月26日 (日)

建築士会全国大会

10月24日~25日、建築士会全国大会参加。
12:30に郡山駅到着。
Kc02

駅前ビル5階しゃぶしゃぶはた野にて釜飯昼食
Kc03Kc04

シャトルバスに乗りビックパレットふくしまへ、15時よりの式典に参加、フラガールのお出迎え。
Kc01

16時半シャトルバスは式典が終わる17:30までないのでTAXIにて郡山駅に戻り、高速バスに乗り換え宿泊先の会津若松へ向かい18時半駅前のα-1到着。
Kc05

翌日、駅前散策(会津:大川、只見川、日橋川など幾筋もの大河が合流する地点)。あかべこ(江戸時代圓蔵寺再建時木材運び上げに困った副住職が御本尊虚空菩薩に祈ると絵馬に書かれた赤べこが抜け出し運び上げ、いつの間にか絵馬に戻ったという伝え)と白虎隊士の像。
Kc06

8:30ジャンボTAXIに乗り、飯盛山へ。動く歩道に乗り替え山頂へ。
Kc07

山頂には戊申戦争で自刃した白虎隊19士の墓
Kc08

お墓の正面にはローマ市寄贈の碑
Kc09

3㌔先の鶴ヶ城を望む
Kc10

紅葉が始まっています。
Kc11

国指定重文:さざえ堂、全国大会参加建築士は先着○○名無料でした。六角三層の仏堂。正面から右回りに登り、頂上太鼓橋を超えると左回りに降りる非常に珍しい建物。
Kc12

らせん階段と頂上。6本の心柱と隅柱に支えられた二重螺旋構造。
Kc13Kc14

斜めより外観
Kc15

戸ノ口堰洞穴(戸ノ口原で敗れた白虎士中二番隊が潜った)案内が上手だった運転手さん
Kc16

飯盛山本参道に降りて来ました
Kc17

国指定重文:旧滝沢本陣横山家住宅見学
Kc18

中にも入りました。弾痕と刀傷が残る。
Kc19

御座之間と御次之間
Kc20

御座之間より遠州流庭園
Kc21

おめえの大黒柱と向大黒

Kc22

城前にある酒倉宮泉にて喉を潤すため試飲、大吟醸はおいしかった
Kc23

お堀回りも紅葉が始まる。運転手さんはカメラを取り出しこの後撮影スポットを案内。
Kc24

最も大きな魔除け石
Kc25

鶴ヶ城
Kc26

陽が当たると抜群の角度だそうだが残念ながら花曇り
Kc27

武者走り
Kc28

正面より中へ
Kc29

天守閣より飯盛山を振り返る
Kc30

場内の紅葉
Kc31

撮影スポットを案内し、この角度から紅葉を入れ撮ると最高と運転手さんは上機嫌
Kc32

一般人が行かない所を案内
Kc33

茶壺櫓より内堀を渡る廊下橋、木を1本外せば橋が落ち敵の進入を防げるとのこと
Kc34


Kc35

最後のアングル
Kc36

日本唯一の茅葺駅舎:湯野上温泉駅
Kc37

斜め角度より
Kc38

ホーム側
Kc39

裏道を塔のへつりへ向かう途中、鉄橋を渡る電車を撮ろうと待ったが来ず断念
Kc40

渓谷と塔のへつりを望む
Kc41Kc42

塔のへつり:断崖、絶壁、川岸などの険しい道
Kc48

非常に揺れた吊り橋
Kc43

大昔は海だった。百万年の年月を経ての浸食。
Kc44

電車を待った鉄橋を振り返る
Kc45

少し紅葉
Kc46

吊り橋を渡ると虚空蔵
Kc47

裏道を大内宿に向かう途中、長寿の水を飲む
Kc49

13:30頃到着したため多くの観光客蕎麦屋は30分待ちのため、突き当りの裏山に上がり宿を見下ろす
Kc50

急な階段を下り運転手さんが手配している蕎麦屋に
Kc51

登るときは観光客がびっしりで写真も撮りたくなかったが、降りてくるとだいぶ減っていました
Kc52

山形屋さんにてネギ蕎麦\1100。ネギは嫌いなので食べなかったが、他のみんなも辛くて食べられなかった。
Kc53

茅葺屋根が並んで雰囲気は良い
Kc54

火の見櫓前集合
Kc55

最後にもう一度振り返る
Kc56

山々も色づき始めている。15時出発し、郡山駅に向かう。
Kc57

途中、猪苗代湖北より磐梯山を眺めて帰途に。
Kc58

東京経由で戻り、帰宅は21時半。ハードな1泊2日旅でした。
建築探訪、技術見学会そして全国大会と本年度の旅は一段落。

|

« 技術見学会 | トップページ | 山林伐採見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士会全国大会:

« 技術見学会 | トップページ | 山林伐採見学会 »