« 新居見学 | トップページ | 建築士会全国大会 »

2014年9月13日 (土)

技術見学会

9月12日(金)まずは知多市に向かい、IHI愛知工場にてアルミの板から巨大水槽になる過程を2時間弱見学。残念ながら撮影禁止
昼食場所の半田市に移動し、魚太郎・蔵のまちへ。
Ss01

ビール、冷酒付
Ss02

国盛酒の文化館
Ss03

昔ながらの燗付器
Ss04

一斗樽・瓶、半升樽
Ss05

豊田市に移動し、とよたEcoful Town 
Ss06

水素ステーション
Ss07

パビリオン内にて説明を聞く、弱光でも発電できる太陽電池。セグウェイは予約制。
Ss09

かたつむりの殻に学んだナノ親水型防汚タイル貼かたつむり
Ss10

植物栽培ユニットハウスと食べられる壁面緑化
Ss08

スマートハウス:LIXLパビリオン外観
Ss11

内部、集成材ラーメン構造
Ss12

隣接するリフォーム館
Ss14

内部:小上がりを介しての寝室、プライバシーは守れるが段差がどうか
Ss13

ガチャポン地下には雨水貯留槽
Ss15

最後の見学場所:プリツカー賞受賞の妹島和世先生の生涯学習センター
Ss16

外壁・間仕切共ほとんどが曲面ガラス
Ss17

丸の中に丸い部屋が配置されている
Ss18

駐車場で利用者の方と話が出来ました。
「建物見学しているの」と声をかけられ、「偉い先生が設計したようだが使いにくくて仕方がない。丸い部屋だからデッドスペースが多くて有効利用できない。ガラス張りだから暑くてエアコンがきかない、勝手に変えられないとのことで外のゴウヤやカーテンで対応している。音も反響して困る。雨の日は3階は傘を差さなければいけない。ガラスも1枚150万円だ。」と苦情を聞かされました。
「見せる建物なら良いけど、使う建物としては不向きですね。コストもめちゃめちゃかかっているでしょう、豊田市だから建てられたんでしょう」と答えておきました。

帰途の集合場所に戻ったのは20時半、自宅まで秋のウォーキングに備えて歩いて帰りました。ちょうど1時間で帰宅。

|

« 新居見学 | トップページ | 建築士会全国大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技術見学会:

« 新居見学 | トップページ | 建築士会全国大会 »