« 台湾周遊5日目 | トップページ | 贈り物 »

2013年6月10日 (月)

中山道ウォーキング12日目

梅雨入り後?の6月8日(土)ゴールデンウィーク前以来のウォーキング。
7時前の電車に乗り、快速を乗り継ぎ約10分遅れで11:05前回の終点「倉本駅」に到着。
N1201

前回は寒かったけど今日は暑そう!贄川関所でもらった地図によると線路を潜り東に上るとあるので従う。倉本駅全景が見下ろせる。
N1202

ずいぶんと立派な家が現れる。何かは不明
N1203

倉本集落には風情のあるお蔵
N1204

集落を過ぎ国道19号を歩くと、すぐに道路反対側に倉本一里塚跡
N1205

国道を逸れ、池の尻集落
N1206

川沿いに出て新緑の景色が良い。国道へ。
N1207

直に国道を離れ旧道へ。今回はこのパターンを繰り返す。この旧道で突然サイクラーに追い越される。挨拶ぐらいしろよ
N1208

旧道脇の花、何かな?
N1209

国道に出ると、須原宿東口。
N1210

12:17須原駅にて昼食休憩。愛妻弁当を頂く
N1211

駅横には、幸田露伴の文学碑
N1212

須原宿一里塚跡
N1213

高札場跡は立て看板のみ
N1214

旧脇本陣西尾家
N1215

水船と子規の句
N1217

民謡「須原ばねそ」発祥の地
N1218

須原の町並み
N1219

再び水船
N1220

立派な「かしわや」、この先で追い越されたサイクラーとすれ違う。
N1221

長坂を過ぎ中央線を横断、この後数回横断を繰り返す。6人グループの高齢者ウォーカーと挨拶をしすれ違う。行きの電車で野尻駅を降りた人達だと思い出す。
N1222

橋場に入り、岩出観音(清水寺のミニ版)別名伊奈川観音、橋場観音とも。
N1223

上って見るとお堂前も狭く広角でも全体が入らない、お参りをする。
N1224

遠景の方が絵になる
N1225

ググッとU字型に大回りする、大丈夫かと何度も地図とナビを確認しながら進むと天長院
N1226

天長院を過ぎたころパラパラとほんの少し小雨、歩を進め大桑駅13:44到着休憩。
N1227

国19号に出てしばらく歩くと道の駅「大桑」
N1228

すぐに旧道に入る
N1229

珍しく踏切遮断機が降り特急に出くわす
N1230

振り返ると中央アルプスが素晴らしいと地図にはあるが、雲がかかっている
N1231

倉坂(くらんさか)を登ると、赤レンガの建物。
N1232

野尻宿駐在所
N1233

七曲りの野尻宿
N1234

14:33野尻駅到着。待合は電車が来るのか数人いたので、横の観光案内所にて休憩。
N1235

旧道に戻り七曲りの続き
N1236

「はずれ」屋号
N1237

下在郷一里塚跡。この先すぐ右折だが道を間違え500m程進み気付きUターン。
N1238

視界が開け線路沿いに良い景色
N1239

洒落たお蔵と東屋
N1240

初めて牛に遭遇。「モ~」と穏やか、でもこの後4回ほど犬に吠えられる。
N1241

道沿いに再びきれいな花が。
N1242

妻神社
N1243

駅の手前線路横断の道案内だがフェンスに囲まれていて横断はできないので駅まで進み駅歩道橋を渡り15:42十二兼駅到着。最後の休憩もそこそこに出発。あと6㌔を1時間程で歩かないと予定の特急に乗れない。
N1244

駅を降りると、柿其渓谷
N1245

国19号を延々と歩く中、明治天皇御小休所碑速足で通過。
N1246

渓谷には面白い岩が対岸に、魚?
N1247

振り返った上流もなかなか良い。
N1248

人の顔のような岩も
N1249

16:30三留野宿へ
N1250

脇本陣跡
N1251

本陣跡、明治の大火で焼失。
N1252

なんとか16:45南木曽駅到着。
N1253

特急が停まる駅だから駅員がいると思いきや無人駅でした。
2両編成のワンマンカーは入口が一つだったので分かり易かったが、特急はどう乗るか不安だった。整理券もなく乗り込んだ。ひとつ先の中津川を過ぎても車掌が来なくて、どうなるのと思いきや、やっと回って来て自己申告にて切符を購入。
名古屋経由にて自宅には20時到着。35000歩、24.5㌔の日帰り旅でした。

|

« 台湾周遊5日目 | トップページ | 贈り物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山道ウォーキング12日目:

« 台湾周遊5日目 | トップページ | 贈り物 »