« 結婚記念日 | トップページ | 東海道ウォーキング16日目 »

2011年11月 1日 (火)

東海道ウォーキング15日目

10月30日(日)歩き始めた初回以来の1泊2日の旅、熱田神宮南の伝馬町より9:00スタート。

01

すぐに宮の渡し公園にある七里の渡し場跡に

02

常夜灯よりはるか桑名を望む

03

海路だから決められた道はないので、弥富を目指し東海通りを進む

04

街路樹が植えられてなかなか良い通り、日曜日の朝で交通量も少ない

05

中川運河を渡る

07

10:02名古屋競馬場、今日は開催日ではない。

08

10:22当知1丁目バス停にて1回目の休憩。

09

10:49庄内川と左新川を横断

10

11:18戸田川緑地

11

戸田川沿いは紅葉が始まっている

12

渡りきると片側1車線の道路になり、道沿いも空間が開け急に都会から田舎に入ったようだ。この頃よりポツリポツリと雨が降り出し傘を初めてさす。天気予報は夕方か夜から雨と言っていたのに・・・・。いつものことか。

13

福田川を渡る

14

蟹江川排水機場

15

11:45日光大橋

16

11:50弥富市に入る

17

きれいなコスモス畑

18

12:38近鉄佐古木駅を見ながら踏切を渡る

19

何年振りだろう長男が以前お世話になった懐かしの寮

20

12:50中華料理店「留苑」にて昼食¥800

21

昼食後店を出ると、大降りではないが本格的な雨になったので、カッパを着用。      13:40弥富といえば金魚、だいぶ少なくなったのか?

22

14:15木曽川渡り愛知を後に、三重県に入る。

23

14:52そして、長~い長良川・揖斐川を渡る

24

15:07やっと渡り終え振り返る

25

15:25桑名観光案内所を見つけ、カッパを脱ぎ休憩。雨やどりする場がなく、2時間半歩き続けました。

26

案内所となりの住吉神社

27

吉野丸コミュニティパークの幡龍櫓

28

15:45伊勢一の鳥居。右端は幡龍櫓。

29

石畳風の旧道

30

珍しい青銅製の鳥居。桑名は鋳物業の町でもあるそうだ。

36

桑名城の城壁跡

31

連子格子の旧家もちらほら

32

下水の蓋も桑名らしさが、色あざやかなハマグリの蓋もあったが撮り忘れ。

33
16:47町屋川を渡る

34

16:58本日終点の伊勢朝日駅東交差点。

35

近くのサンキューホテルに向かい、ずぶ濡れの靴を脱ぎシャワーを浴び湯船につかり、やっと一息。1時間ほどゆっくりとした後、隣接してある昭和食堂に向かうと、雨はほとんど止んでいた。マグロの刺身・おでん・大根サラダ(これがまたすごい量)間違えてきたドテ煮と生ビール大・冷酒を頂き、締めにネギトロ巻と赤だしを食べて満腹。¥3537と安い。隣のローソンにてデザートのフルーツ杏仁をGETしホテルに戻る。「江」を見終えるといつの間にか眠ってしまった。
48000歩33.5㎞の初めて雨の中の1日目でした。































































|

« 結婚記念日 | トップページ | 東海道ウォーキング16日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道ウォーキング15日目:

« 結婚記念日 | トップページ | 東海道ウォーキング16日目 »